テックキャンプ(旧テックエキスパート)で学ぶ言語を紹介

スポンサーリンク

テックキャンプ エンジニア転職(旧テックエキスパート) の受講を検討しています。
エンジニア転職コースで学べるプログラミング言語は何ですか? RubyかJavaですか?

プログラミング言語以外にも、マスターできるスキルを知りたいです。

今回はこのような疑問に答えていきます。

テックキャンプ エンジニア転職(旧テックエキスパート) は転職保証型のプログラムで、 高い確率でITエンジニアとして就職・転職できることもあり、 人気の高いプログラムです。
受講を考えている方にとっては、 どんな言語やスキルをマスターできるのかが気になる所ですよね。

そこでこの記事ではテックキャンプ エンジニア転職(旧テックエキスパート)で 学ぶプログラミング言語やスキルについて紹介します。

(補足)
以前は「テックエキスパート」という名前でしたが、 2020年3月から「テックキャンプ エンジニア転職」 に変更になりました。

テックキャンプ エンジニア転職(旧テックエキスパート)で学ぶメインのプログラミング言語は「Ruby」

転職保証型のプログラミングスクールで学ぶプログラミング言語は、 大きく2つに分かれます。 「Ruby」か「Java」です。 どちらの言語も人気のある言語で、求人の需要もあるため、 たいていの就職保証型プログラミングスクールではこの2つのどちらかを学びます。

テックキャンプ エンジニア転職(旧テックエキスパート) で学ぶ言語は「Ruby」です。

プログラミング言語 Rubyの特徴

Ruby

プログラミング言語 Rubyには次のような特徴があります。

  • 初心者でも習得しやすい
  • 「Ruby on Rails」という強力なフレームワークがある
  • 開発スピードが早い
  • スタートアップ企業で採用されることが多い
  • 在宅リモートワークの仕事もある

Rubyが人気言語になった大きな理由として「Ruby on Rails」という フレームワークの存在があります。 「Ruby on Rails」を使うことで素早くWebアプリケーションが開発できます。

Ruby を学習する際は Ruby on Rails も同時に学習するのが普通です。 というのも Ruby での開発案件は Ruby on Rails を使っての開発がほとんどだからです。 Ruby の求人案件も Ruby on Rails が使えることを前提とした求人です。 ですからこの2つはワンセット だと思っていて下さい。

テックキャンプ エンジニア転職(旧テックエキスパート)で学ぶ言語や技術一覧

スキル

テックキャンプ エンジニア転職(旧テックエキスパート) でメインとして学ぶプログラミング言語は Ruby ですが、 それ以外の言語やスキルもたくさん学びます。 ここではフロントエンド・バックエンド・その他の3つに分けて学習する 言語やスキルを紹介します。

フロントエンド(クライアントサイド)の言語や技術

HTML
Webページを作成するための「マークアップ言語」
CSS
Webページのデザインやフレームを作成するための「スタイルシート言語」
JavaScript
動きのあるWebページを作るための「プログラミング言語」
jQuery
JavaScriptのライブラリ
Sass
CSSに変数や関数の機能が追加されった「スタイルシート言語」

バックエンド(サーバーサイド)の言語や技術

Ruby
サーバーサイドの「プログラミング言語」
Ruby on Rails
Rubyのフレームワーク
Rspec
Rubyのテストツール
API
外部アプリケーションと連携するための仕組み
SQL
データベースを操作するための「問い合わせ言語」

インフラやその他の技術

Linux
オープンソースのOS(オペレーティングシステム)
AWS
Amazonが提供しているクラウドコンピューティングサービス
Git/GitHub
ソースコードのバージョン管理ツール

テックキャンプ エンジニア転職(旧テックエキスパート)では、言語やスキルの習得に600時間をかける

学習

テックキャンプ エンジニア転職(旧テックエキスパート) では、上で紹介した言語やスキルを習得するために 600時間の学習時間をかけます。 600時間は転職保証型のプログラミングスクールの中でも多いほうです。

特に短期集中コースでは10週間で600時間の学習時間ですから、 ほぼほぼスパルタ教育といっていいでしょう。 このスパルタ教育を乗り越えることでスキルも自信もつきます。

それだけしっかりと技術を身に付けてからITエンジニアとして就職しますので、 就職先でも仕事についていくことができます。

まとめ

テックキャンプ エンジニア転職(旧テックエキスパート)では、 メインとして学ぶプログラミング言語は「Ruby」です。 その他にも Ruby on Rails、HTML、CSS、JavaScriptなどの 言語やフレームワークなど、いろいろな技術を学びます。

これらのスキルを600時間で学習するため、 かなりハードなスケジュールとなります。 ただし、本気でエンジニアになりたいと思っている方には ちょうど良い環境です。

テックキャンプ エンジニア転職(旧テックエキスパート)では 無料カウンセリングも行っていますので、 興味のある方は公式サイトを訪問してみませんか?

テックキャンプ・エンジニア転職(旧テックエキスパート)の公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました