テックアカデミーの悪い口コミ・評判も見ておこう

TechAcademy(テックアカデミー)で学習することを検討中です。

ネットでテックアカデミーについて検索してみても、 良い評判がほとんどで、悪い評判評価があまり見当たりません。

良い評判ばかりだと「ステマか?」と逆に怪しんでしまうので、 悪い口コミ・評判があれば教えてください。

今回はこのような疑問に答えていきます。

TechAcademy(テックアカデミー)は私もおすすめのプログラミングスクールで、 あまり悪い評判は聞きません。 ですが完璧なプログラミングスクールは存在しませんから、 テックアカデミーのことを悪く言う人も一定数います。

そこでこの記事ではあえてテックアカデミーの 悪い口コミ・評判について紹介し、 その評判の原因や対処法についても説明します。

「教材」に関するテックアカデミーの悪い口コミ・評判

教材

教材についての悪い口コミとしては、 「わかりにくい」「難しい」といった意見が多いです。

次の2つのツイートには「難しい」という意見のほかに共通点があります。
その共通点が何かをちょっと考えてみてください。

上の2つのツイートの共通点は、 二人とも Progate というプログラミング学習サイトで事前学習をしている点です。

Progateにはプログラミング言語に関する有料コンテンツと無料コンテンツがあります。 自分が学習する予定のプログラミング言語の無料コンテンツだけでも、 事前にProgateで学習しておきましょう。 そうするとテックアカデミーの学習がスムーズに始められます。

例えば「フロントエンドコース」ならHTML・CSS・JavaScript・jQueryの 無料コンテンツだけでも学習しておくことをおすすめします。
後は、テキストチャットやビデオチャットを利用して、 わからない部分はどんどん質問した方が良いです。

「学習期間」に関するテックアカデミーの悪い口コミ・評判

学習期間

選択するコースにもよりますが、 4週間コースを選択した人からは次のような意見がありました。

  • 「時間が全然足りなかった」
  • 「教材が終わらなかった」
  • 「半分くらいしか終わっていない」

特に「Webアプリケーションコース」「フロントエンドコース」 「Webデザインコース」などのオリジナルサービスやオリジナルサイトを作るコースでは 「4週間では全然時間が足りない」といった意見が見受けられました。

テックアカデミーの各コースのページに学習時間の目安が書かれています。 例えば、Webアプリケーションコースなら160時間です。
これを4週間(28日)でこなすには、 1日あたり約5.7時間の学習時間が必要となります。 4週間コースを選択しようと思っている方は、 これだけの学習時間を確保できるかどうかを考えた上で、 学習期間を選択してください。

「メンター」に関するテックアカデミーの悪い口コミ・評判

メンター

メンターとの相性は重要です。 相性が悪いとどうしても、 メンターだけでなくテックアカデミーに対しても否定的な意見になってしまいます。

確かに、わからないから質問しているのに、 「カリキュラムを見ればわかる」とか「読み返して」と言われると 「???」「いや、わからないから聞いているんですけど」となりますよね。 (言っている方に悪意はないと思いますが)

テックアカデミーは専属メンター制なので、 基本的にはメンターの変更は不可です。

ですが高いお金を払っているのですから、 どうしても合わないときは運営側に行ってみた方がいいです。 上のツイートの方の場合は どうして返信がなかったのかわかりませんが、 見落としている可能性もあるため、 一度だけでなく返信があるまで問い合わせた方がいいと思います。

テックアカデミーのメンターさんとのビデオ面談時間の無駄でしかないから 明日スキップしたい。
メンターさん変えて欲しいよー。
あと5回やるのやだー。
質問対応も雑すぎて苦笑でしかない、自腹だったら絶対受けないw

上の方はよほどメンターと合わなかったんでしょうね。 確かに相性の悪い人とのビデオチャット(メンタリング)は苦痛でしかないですよね。

一応補足として言いますと、 ビデオチャットは別に受けなくても大丈夫です。 24時間以上前ならキャンセルできます。 TechAcademy の「メンタリング」用のページで「キャンセルボタン」を 押すだけでキャンセルできます。 上の方みたいに、メンタリング事態に苦痛を感じている方は キャンセルした方がいいかもしれません。

但し、TechAcademyキャリア経由でエンジニアに転職するつもりの人は キャンセルしない方がいいです。 「メンタリング」をキャンセルしていると、 企業側から「この人はやる気がないのかな?」と思われてしまいます。
メンタリングのキャンセルについてはこちらのページも参考にしてください。

テックアカデミーのメンタリングがいらない場合の対応方法
TechAcademy(テックアカデミー)のメンタリングが週に2回もいらないと思っている方へ。テックアカデミーのメンタリングがいらない場合は、キャンセルすればOKです。毎回受ける必要はありません。

「テキストチャット・ビデオチャット」に関する悪い口コミ・評判

メンタリング
チャットで質問するのが、結構、難しかったです。
わからないところを簡潔に文章にまとめるのが、難しい・・・。
画像共有ソフトをもっと上手く活用すると良かったのかもしれません。

テキストチャットでは上の意見のように、 質問を文章にするのが難しかったという意見が複数ありました。

たしかに慣れないうちは自分の聞きたいことを簡潔に文章にするのは 難しいかもしれません。 テキストチャットでは次のことを頭にいれておくと良いでしょう。

  • 自分が「一番聞きたいこと」は何かを明確にする
  • テキストだけでなく、画像も上手く利用する
  • どうしても説明できないときはビデオチャットで質問する

人によっては気を使い過ぎて、 質問することを躊躇してしまうことがあるようです。

これは非常にもったいないと思います。 TechAcademy(テックアカデミー)では、 メンターを十二分に活用してこそ効果を発揮するので、 質問を遠慮する必要はありません。
遠慮しがちの性格の人は、メンタリングの時に、 他の人がどんな質問をしているのかを聞いてみるのもいいかもしれません。

TechAcademy のテキストチャットは、 レスポンスの速さに定評があります。 返事の速さに対する高評価な口コミが多い一方で、 上のような「早さよりも質が大事」という厳しい意見もありました。

回答の内容が悪ければ、またそこから質問をしたりしないといけないので、 悪い評判になるのもしょうがないかなと思います。

メンタリングの時間を有効に過ごすためには

次は悪い口コミではなく、 メンタリングの時間を有効に過ごすための方法を紹介します。 ぜひ参考にしてください。

メンタリングの時間は30分と限られています。 このように事前に質問を送っておくと、 メンターも前もってじっくりと考えることができます。 その結果、その場で質問して回答をもらうよりも、 内容の濃い回答をもらうことができます。

このツイートをした方は、 1回目のメンタリングを踏まえて、 どうすればもっとメンタリングの時間を有効に使えるかを考え、 それを即行動に移したのでしょう。 こういう人はどこで何をやっても成功します。 ぜひ参考にしてください。

まとめ:

TechAcademy(テックアカデミー)の「教材」「学習期間」 「メンター」「テキストチャット・ビデオチャット」 に関する悪い口コミ・評判について見てきました。

教材の難しさに関しては、Progateで事前学習をしておく。 メンタリングについては、メンタリングの前に質問を送っておく、 など自分で工夫できることもたくさんあります。

完璧なプログラミングスクールは世の中に存在しませんから、 どのスクールも良い評判もあれば、悪い評判もあります。 大事なのはそのプログラミングスクールが 「あなた」に合っているかどうかです。

TechAcademy の「無料体験」なら、 テックアカデミーの学習システムを一通り1週間無料で体験できます。 ここであなたに合うかどうかがわかります。

TechAcademy での受講を検討している方は、 一度無料体験を受けてみませんか?

※ 無料で1週間体験できます。
※ 早い者勝ちなのでお早めに。
タイトルとURLをコピーしました