テックアカデミー経由でニートからプログラマーになる方法

現在ニートなのですが、 現状を何とか変えたいと思っています。

TechAcademy(テックアカデミー)でプログラミングを学習して、 プログラマーとして就職することは可能でしょうか?
その場合、どのような方法で就職まで進めていけばいいのでしょうか。 また、おすすめのコースがあれば紹介してください。

今回はこのような疑問に答えていきます。

現在ニートの人でも、テックアカデミーで学習・転職活動して、 就職することは十分可能です。
この記事では、ニートの人がTechAcademy(テックアカデミー)経由で プログラマーになる方法やおすすめのコースを紹介します。

ニートの人は、感覚が繊細な人が多い

あくまで一般論であって個人差はありますが、 ニートの方は「感覚が繊細」な人が多いようです。 「感覚が繊細」だと、生活していても普通の人よりも疲れやすくなります。

ニートになるまでの道のりは、次のような人もいるのではないでしょうか?


人と話をしたり、人の多いところにいると、かなり疲れる
 ↓
一人でいると心地よい
 ↓
なるべく他人と関わらないようになる
 ↓
引きこもりになる
 ↓
ニートから抜け出さなきゃと思うけど、抜け出せない

ニートの人はフリーランスを視野に入れておくと良い

フリーランス

ニートの方に将来的におすすめしたいのは、 「フリーランス」(自営業)という生き方です。

おそらくニートの方は集団生活が苦手だと思います。 集団生活が苦手な方が世の中で生きていく上で適しているのは フリーランスです。将来的にはフリーランスになることを 視野に入れておくと良いと思います。

「就職して、会社勤めをずっと続けていかなければ」 と思うと気が滅入って動けなくなりませんか?
でも「会社勤めは自分がフリーランスになるための (数年間の)修行期間」だと思えば、 少しは気が楽になります。

テックアカデミーがニートの人におすすめできる理由

TechAcademy(テックアカデミー)は完全オンライン型のプログラミングスクール

オンライン学習

いきなりどこかの教室に通って知らない人達と一緒に授業を受けるのは、 ニートの方にはハードルが高いかもしれません。 さらに同じ教室の人達とチーム開発することになったら、 余計に負荷がかかってしまいます。
その点TechAcademy(テックアカデミー)は 完全オンライン型のプログラミングスクールなので、 教室に通うことなく自分のペースで一人で学習できます。

テックアカデミーキャリアで就職支援を受けることができる

TechAcademy(テックアカデミー)には 「テックアカデミーキャリア」という 受講生限定の転職支援サービスがあります。 テックアカデミーキャリアに登録することで受講生なら誰でも無料で 就職・転職サポートを受けることができます。

自分一人で就職活動をするよりも、はるかに効率的に就職活動ができ、 転職が決まる可能性も高くなりますから、 必ずテックアカデミーキャリアでの転職支援サービスを利用してください。

「TechAcademy(テックアカデミー)の卒業生」という肩書が得られる

卒業生

現在はニートという肩書であっても、TechAcademy(テックアカデミー)で学習して、 授業を修了すれば「テックアカデミーの卒業生」という肩書が得られます。

そして企業の採用担当者の中には、「どんなスキルがあるかわからない人よりも、 一定以上のスキルを身に付けているテックアカデミーの卒業生を採用したい」 と考える人もいます。 あなたが思っている以上に「TechAcademy(テックアカデミー)の卒業生」 という肩書は就職時に強い味方になってくれます。

テックアカデミー経由でニートからプログラマーになるためのロードマップ

ロードマップ

ニートの方がTechAcademy(テックアカデミー)で学習して、 プログラマーになるまでの道のり(ロードマップ)の例を紹介します。


1. Progateで事前学習をする(無料コースだけでOK)
(最低でもHTML、CSS、できればJavaScript、jQueryも)
 ↓
2. TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験を受講する
(テックアカデミーの学習システムを事前に一通り体験しておく。省略してもOK)
 ↓
3. TechAcademy(テックアカデミー)の有料コースを受講する
 ↓
4. テックアカデミーキャリアに登録する
 ↓
5. ポートフォリオ(成果物)を作成する
 ↓
6. テックアカデミーキャリアを通して就職活動をする
 ↓
7. 就職決定

1番目の「Progate」での事前学習は、 無料コースだけでもいいのぜひやっておいてください。 そうすることで、テックアカデミーでの学習がスムーズに進められます。

2番目の「無料体験」はテックアカデミーで受講しようかどうか迷っている人は 受けてみてください。 1週間ですがテックアカデミーの学習システムを一通り体験できますから、 自分で納得したうえで入学するかどうかを決めることができます。 すでに受講することを決めている人は省略しても大丈夫です。

TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめ講座

就職するのであれば、採用案件の多いプログラミング言語を学んだ方が有利です。 おすすめの言語としては「Ruby」「JavaScript」「PHP」「Java」あたりです。 (HTML・CSSは必須としています)

TechAcademy(テックアカデミー) でこれらの言語を学べるのは次のコースとなります。

  • Webアプリケーションコース(Ruby等)
  • フロントエンドコース(JavaScript等)
  • PHP/Laravelコース
  • Javaコース

これらのコースはニートの方だけでなく、誰にでもおすすめできるものばかりです。

テックアカデミーで一番人気があるのは 「Webアプリケーションコース」です。 エンジニアとして必要な知識を一通り学べますので、 コース選びに迷ったら「Webアプリケーションコース」がおすすめです。

※ 一番人気のコース
※ 早い者勝ちなのでお早めに。

転職保証コースもある

テックアカデミーには「TechAcademy Pro」という転職保証コースもあります。 学ぶプログラミング言語はJava限定ですが、転職が保証されていますから、 通常の「Javaコース」を受講するよりは 「TechAcademy Pro」の方が高い確率で転職できます。

※ 未経験からITエンジニアへ
※ 人気コースなので申し込みはお早めに

一番難しいのは、最初の一歩を踏み出すこと

最初の一歩

何をやるにしても一番難しいのは最初の一歩を踏み出すことです。 そして一歩踏み出しさえすれば、あとは意外と何とかなります。
おそらく多くの方にとってハードルとなるのは次の一歩です。

  • TechAcademy(テックアカデミー)の「無料体験」を申し込んでみる
  • TechAcademy(テックアカデミー)の「有料コース」を申し込んでみる
  • 就職活動で最初の1社に応募してみる

ここでとりあえず一歩だけでも踏み出せるかどうかで人生が変わります。 結局は自分の行動しだいです。

ニートの方でも、実際にやってみると、 スムーズに就職が決まるケースは多々あり、 多くの人が念願の社会復帰への道を歩んでいきます。

まずは「TechAcademy(テックアカデミー)の公式サイトを見てみる」という 簡単な一歩からでも始めてみてはどうでしょうか。

※ 無料で1週間体験できます。
※ 早い者勝ちなのでお早めに。
タイトルとURLをコピーしました