テックアカデミーの受講料金は相場より安い?(お得な割引情報も)

プログラミングスクールでプログラミングを学ぼうと思っているのですが、 選択肢の1つにテックアカデミーがあります。

テックアカデミーの受講料金は、 スクールの相場よりも高いのでしょうか?安いのでしょうか? あと、受講料金を安くする方法(割引制度など)があれば知りたいです。

今回はこのような疑問に答えていきます。

プログラミングブームに伴って、 プログラミングスクールの数も増えています。 さらにプログラミングスクールの受講料金は安くありませんから、 他のスクールの料金と比べるとどうなのかが気になりますよね。

そこでこの記事では、 テックアカデミー(TechAcademy) の受講料金が他のスクールと比較して安いのかどうかや、 料金を安くするための割引情報について紹介します。

テックアカデミーの受講料金は相場より安い?

料金

テックアカデミーの受講料金

まずはテックアカデミーの受講料金について、 プログラミング講座に絞ってみていきます。 3つのタイプに分け、それぞれの料金とコース名を記述します。 (料金はすべて税別料金です)

タイプ1

このタイプのコースが一番多く、 受講期間も4週間から16週間まで4種類あり、 学割もあります。

4週間8週間12週間16週間
社会人149,000円199,000円249,000円299,000円
学生129,000円159,000円189,000円219,000円
  • Webアプリケーションコース
  • PHP/Laravelコース
  • Javaコース
  • フロントエンドコース
  • WordPressコース
  • iPhoneアプリコース
  • Androidアプリコース
  • Unityコース
  • Pythonコース
  • はじめてのAIコース
  • AIコース
  • データサイエンスコース

タイプ2

タイプ2 はタイプ1 に比べるとマイナーなコースの集まりです。 金額はタイプ1 と変わりませんが、 受講期間は4、8、12週間の3種類で、学割がありません。

4週間8週間12週間
社会人149,000円199,000円249,000円
  • ブロックチェーンコース
  • スマートコントラクトコース
  • Scalaコース
  • Node.jsコース
  • Google Apps Scriptコース

タイプ3

一番安いタイプで、「はじめてのプログラミングコース」が該当します。

4週間8週間12週間16週間
社会人109,000円139,000円249,000円199,000円
学生99,000円119,000円189,000円159,000円
  • はじめてのプログラミングコース

以上、3つのタイプの料金とコースについて紹介しました。 テックアカデミーのメインは「タイプ1」の料金体系です。 「Webアプリケーションコース」などの人気コースが「タイプ1」に集中しています。

他スクールとの比較

テックアカデミーと他のプログラミングスクールの料金を比較してみます。
テックアカデミーの人気コース「Webアプリケーションコース」と、 他のスクールの内容や期間が同じようなコースを比較対象とします。

料金は「受講料+入学金の合計金額」とします。 ちなみにテックアカデミーは入学金無料です。

スクール名料金(税別)期間
テックアカデミー
Webアプリケーションコース
249,000円12週間
CodeCamp
Rubyマスターコース
278,000円4か月
tech boost
オンラインコース
274,200円3か月
テックキャンプ237,600円3か月

上の表を見る限り、他のスクールと大きな差はありません。 特別に高いわけでも安いわけでもなく、 若干安いかな、というぐらいです。

プログラミングスクールの相場としては、 だいたい1か月10万円前後と思っておいて良いでしょう。

テックアカデミー受講料金を安くするための割引情報

ここからはテックアカデミーの受講料金を安くするための 割引情報やキャンペーン情報、学割情報について紹介します。

学割で最大10万円ほどの割引

テックアカデミーには「学割」がありますから、 学生の方は利用してください。 学割だと社会人価格と比べて20%~30%程の割引となります。

最も人気のある「Webアプリケーションコース」での価格差を見てみると、

4週間8週間12週間16週間
社会人149,000円199,000円249,000円299,000円
学生129,000円159,000円189,000円219,000円
割引額20,000円40,000円60,000円80,000円

一番下の行が割引額です。 学習期間が長くなるほど割引金額が大きくなり、 16週間だと8万円も安くなります。 パソコンが購入できるくらいの金額です。
「学割」は最もお得な割引方法ですから、 学生の方は適用してください。

ただし、コースによっては学割がないコースもありますので、 必ず確認してください。 メジャーなコースには学割がありますが、 「ブロックチェーンコース」や「Scalaコース」など、 どちらかと言うとマイナーなコースには学割がありません。

学割を適用するには、 申込する時に「学生」を選択します。 そして送られてくるメールアドレス宛に 学生証の写真を送ることで学割が適用されます。

「先割」で8%割引

先割

「先割」は、早めに申し込むと8%割引してくれるキャンペーンのことで、 早めというのは1か月前です。

注意点として、先割があるのは8週間、12週間、16週間プランのみで、 4週間プランには先割はありません。

※ その他のキャンペーン等との併用はできません。

「Webアプリケーションコース」での割引額を社会人の場合と、 学生の場合に分けてみてみます。

■ 社会人の場合

4週間8週間12週間16週間
社会人149,000円199,000円249,000円299,000円
先割なし183,080円229,080円275,080円
割引額なし15,920円19,920円23,920円

上の表から、社会人の場合は最大で23,920円安くなることがわかります。

■ 学生の場合

4週間8週間12週間16週間
学生129,000円159,000円189,000円219,000円
先割なし146,280173,280円201,480円
割引額なし12,720円15,120円17,520円

16週間で見た場合、学生は学割がありますから、 8万円(学割)+17,520円で合わせて約10万円の割引額になります。

「無料説明会」登録で1万円割引

無料説明会

テックアカデミーが行っている「無料説明会」に登録して、 説明会の動画を視聴すると「1万円」安くなります。

公式サイトの上部にあるメニュー 「はじめての方へ」から 「説明会動画」をクリックします。 メールアドレスを登録すると、 割引が適用されるURLが書かれたメールが届きます。 後はそのURLから申し込みするだけです。

※ 他の割引との併用はできません。

「無料体験」登録で1万円割引

無料体験

テックアカデミーが行っている「無料体験」に参加すると1万円安くなります。

公式サイトの上部にあるメニュー 「はじめての方へ」から 「無料体験」をクリックします。 メールアドレスを登録すると、 割引が適用されるURLが書かれたメールが届きます。 後はそのURLから申し込みするだけです。

※ 他の割引との併用はできません。

「トモ割」で1万円割引

「トモ割」は友人や会社の同僚と一緒にテックアカデミーを受講すると 「1万円」安くなる割引方法です。

本人と友人が別のコースを受講する場合でも適用されます。

※ 他の割引との併用はできません。

「紹介者割引」で1万円割引

「紹介者割引」はテックアカデミー受講者からの紹介制度です。 紹介者割引も 「1万円」安くなります。

過去にテックアカデミーで受講した人から割引用のキャンペーンコードをもらいます。 そのコードを申し込みフォームの備考欄に記入すると紹介者割引が適用されます。

※ 他の割引との併用はできません。

一番トクなのは「先割」

125,000円以上するコースであれば8%割引される「先割」が一番トクです (125,000円の8%は1万円)。
125,000円より安いコースの場合は 「紹介者割引」などの1万円割引の方がトクになります。

テックアカデミーではほとんどのコースが125,000円以上しますから、 結論として次の選択肢がベストです。

  • 社会人の方は「先割」
  • 学生の方は「学割」+「先割」

まとめ

テックアカデミーの受講料金は 他のスクールと比較しても若干安いくらいで、相場相応の料金です。

受講料金を安くするには方法がいくつかありますが、 1か月前に申し込む「先割」を利用すると一番トクです。 学生の方は「先割」+「学割」が一番安くなります。

テックアカデミーでは「無料体験」を1週間受けることができますから、 まずは無料で体験してみてから、受講するかどうか決めることをおすすめします。

※ 無料で1週間体験できます。
※ 早い者勝ちなのでお早めに。
タイトルとURLをコピーしました