テックアカデミー「Webアプリケーション」受講するならここに注意

テックアカデミーの「Webアプリケーションコース」 を受講しようかどうか考えています。 ですが受講する場合は、 安くない受講料を払うことになるため慎重に考えたいです。

申し込みをする前に「Webアプリケーションコース」について 知っておいた方がよい事や、注意点があれば教えてください。

テックアカデミーのコースの中でも一番人気なのが 「Webアプリケーションコース」です。 実際にこのコースを受講してエンジニアとして活躍している人も たくさんいます。

ですが受講料は決して安くないですから、 失敗したくないと思うのは当然です。 そこでこの記事では「Webアプリケーションコース」 を受ける前に知っておきたい注意点を紹介します。 この記事が受講するかどうかの参考になれば幸いです。

「Webアプリケーションコース」を受講する前に知っておきたい注意点

Webアプリケーションコース

「Webアプリケーションコース」は簡単ではない

真っ先に言っておく必要があるのは 「Webアプリケーションコースは決して簡単ではありません」 ということです。

学習した後にエンジニアとして通用するような人材を育成するための コースですから、それなりに難しくて当然です。 最初の方は簡単ですが、どんどん難しくなってきます。

テックアカデミーが用意してくれる教材に沿って学習していれば、 自然とプログラミングができるようになって、 エンジニアになれると思っているような受け身の方は ほぼ挫折します。

自分から積極的に頭や手を動かし、 自分で調べてもわからない所は遠慮せずにメンターに質問する姿勢が大事です。 テックアカデミーには受講者を挫折させないための仕組みとして、 メンターサポートがあります。こうした仕組みは積極的に利用してください。

事前に基礎的な勉強は済ませておく

事前の準備

テックアカデミーの「Webアプリケーションコース」 は学習することがたくさんあります。 受講期間内に終わらせるためにも、 事前に基礎的な勉強を済ませておくことをおすすめします。

例えば、HTMLやCSSの基礎部分は独学でもできますから、 「Progate」のような学習サイトや書籍等でマスターしておくと スムーズなスタートが切れます。

一番いいのはテックアカデミーの「先割」で早めに申し込んで、 先にテキストを見て進めておくことです。 「先割」で申し込むと、受講開始前にテキストを見ることができます。 (メンターサポートなどは受講開始日以降です)

補足として4週間プランには「先割」はありません。

4週間プランはやめたほうがいい

4週間プランはあっという間に受講期間が終わってしまうため、 止めておいたほうが良いです(先割もありませんし)。

実際に4週間プランで学習した人からは 「時間が足りなかった」「もう少し長めのコースを選ぶべきだった」 という声を多く聞きます。

ある程度学習時間が取れる学生の方なら8週間か12週間プラン、 あまり学習時間がとれない社会人の方なら12週間か16週間プランを 選択した方が賢明です。

チャットで質問できる時間に制限がある

時間制限

テックアカデミーのウリの1つが テキストチャットツールによる質問し放題の仕組みです。 質問に対して現役のエンジニアが回答してくれて、 質問に対する回答の速さも評判が良く、 「早い場合は1分程度、通常は数分程度で返事がくる」 といった書き込みが多数あります。

ただし、メンターが対応する時間は限られていて 15時~23時までとなっています。
休日に朝からバリバリやるぞと思っていて質問しても、 返事か帰ってくるのは15時以降です。 すぐに回答が欲しくても対応時間まで待つ必要があります。

あと、20時頃は質問する人が多く、混雑している場合があります。 その場合はレスポンスも通常よりは遅くなりがちです。

最大の挫折ポイントは「Twitterクローン」作成

人によって挫折ポイントはいろいろありますが、 「Webアプリケーションコース」で最大の挫折ポイントとなるのが 「Twitterクローン」作成です。

答えが教材に載っているわけではなく、 自分の頭で考えて作っていく必要があります。
最初は何を質問すればいいのかさえわからないかもしれません。 ですがあきらめなければ必ず糸口はつかめます。

ここが最も難関な部分ですから、 逆に言うと「Twitterクローン」作成を乗り越えることができると、 大きな自信になります。気合を入れて挑戦してください。

他の受講生との交流はほとんどない

交流

テックアカデミーはオンライン完結型のプログラミングスクールなので、 基本的には他の受講生との交流はほぼありません。

Slackでのやり取りも、 個人のチャンネルなので自分とメンターだけが見ることができ、 他の人の質問などを見ることはできません。 Slack上で受講生が共通して使えるチャンネルがあり、 そこでは情報の共有ができますが、 利用している人は少ないようです。

まとめ

テックアカデミーの「Webアプリケーションコース」 を受講する前に知っておきたい注意点について説明してきました。

  • 決して簡単ではない
  • 事前に予習しておく
  • 4週間プランは避けた方が良い
  • チャットは15時から23時まで
  • 「Twitterクローン」が最も難しい
  • 他の受講生との交流はほぼない

このような点について事前に知っておくと、 心の準備ができます。
難しいことに挑戦してみたい方にはおすすめできますが、 甘く見ている方や受け身の方にはおすすめできません。

興味のある方は公式サイトで詳細を確認してください。 1週間の無料体験コースもあります。

テックアカデミー「Webアプリケーションコース」

タイトルとURLをコピーしました