テックアカデミーで学んでも就職・転職に失敗する人の特徴

スポンサーリンク

テックアカデミーで学んだあとで、 エンジニアとして就職・転職に成功した人はたくさんいます。

逆に失敗して「テックアカデミーは転職できない」 といった発言をしている方もいます。 ただし失敗する人を見ていると共通点があります。

そこでこの記事では 「テックアカデミーで学習しても転職できない人の特徴」、 「どうすれば就職・転職できるのか」、 「転職需要の高いテックアカデミーのコース」 などを紹介します。

こんな人はテックアカデミーで学んでも転職に失敗する

就職 できない

学習時間が少ない

そもそもプログラミングの学習時間が確保できなければ、 スキルアップすることは困難です。

テックアカデミーのほとんどのコースでは受講期間を複数から選択できます。 ですが一番短い期間を選んだ場合、時間が足りないという声をよく聞きます。

とくに時間が限られている社会人の方は、 1日あたりの確保できる学習時間が短くなりますから、 受講期間は長めにして、 トータルの学習時間をしっかりと確保した方が良いです。

自力で学習できない

テックアカデミーはどちらかというと、 自分でどんどん教材を進める必要があります。

わからない所も、まずは自分で調べてみる。 それでもわからなければ、 テキストチャットやビデオチャットでテックアカデミーのメンターに 聞いて解決する姿勢が必要となります。

手取り足取り教えてもらわなければ進めない方だと プログラミングを習得するのは難しいです。 プログラミングがマスターできなければ、 その先にある就職も当然難しくなります。

ポートフォリオを作成していない

ポートフォリオ

テックアカデミーでの学習中に、 ポートフォリオ(成果物)は最低でも1つは作成しておきましょう。
なぜなら、ポートフォリオはあなたが「何ができるのか」 を証明するものだからです。

口では「やる気はあります」と言っていても、 ポートフォリオが無ければ「口だけの人」と思われても仕方ありません。 企業側は、「言葉と行動と結果」が伴っているかを見ています。

ポートフォリオもなく就職できる企業はブラックか、 ブラックに近いか、かなりレベルが低い企業です。
しっかりとした企業に就職・転職したいなら、 ポートフォリオは必須だと思っておいてください。

転職需要の少ないコースをえらんでいる

一般的に、転職のし易さは需要と供給の関係で決まります。 いくらプログラミングをマスターしても、 需要の少ないプログラミング言語のコースを選択すると、 就職は厳しくなります。

ですから、コース選びは重要です。 転職しやすいテックアカデミーのコースは後で紹介します。

年齢が高い

いろんな業界の中でも、IT業界は平均年齢が若い方です。 ですから年齢が高いと転職は難しくなります。 具体的な「高い年齢」の目安は30歳です。

IT業界では20代で管理職も兼ねている方は多数います。 その中に30代に未経験者が入ってきたら、 管理職の方も使いにくいですよね。 同じようなスキルの持っている20代の人と30代の人がいれば、 ほぼほぼ20代の応募者が採用されます。

30代でIT業界未経験の方なら、 就職・転職よりもフリーランスで稼ぐことを目指した方が賢明です。

テックアカデミーキャリアを利用していない

テックアカデミーには「テックアカデミーキャリア」 という受講生限定の転職支援サービスがあります。 就職・転職を考えているのなら、このサービスは利用しないと損です。

テックアカデミーキャリアに登録したプロフィールや学習状況を を基に、企業からスカウトメッセージが届くことがあります。 受講生の学習状況が企業やコンサルタントに共有されるため、 学習を進めることが自己アピールにも繋がります。

「テックアカデミーの受講生を採用したい」という企業が多数あって、 そうした企業からスカウトメッセージが届くので、 自分の能力とマッチした就職ができる可能性が高くなります。

自分の力だけやるのではなく、 便利なサービスは利用した方が得です。

こうすれば就職・転職に成功する

就職 成功

これまでに、失敗する人の特徴をいくつか上げてきました。 就職・転職に成功したければ、逆のことをやる必要があります。

  • 学習時間を十分に確保する
  • ある程度は自分で調べて解決できるようにする
  • ポートフォリオを作成する
  • 就職・転職需要のあるコースを選ぶ
  • テックアカデミー・キャリアを利用する

年齢ばかりは本人にはどうしようもないため省きましたが、 上記リストの条件を多く満たすほど、 就職・転職に成功する可能性がぐっと高くなります。

テックアカデミーのコースで転職需要があるのは?

需要

テックアカデミーはプログラミングスクールの中でも コースの選択肢が多いスクールです。
学ぶだけなら自分の興味本位で選べばいいのですが、 就職・転職までを考えているのなら、 転職需要がある講座を選ぶ必要があります。

テックアカデミーで就職・転職需要のあるコースは次の5つです。

  • Javaコース
  • Webアプリケーションコース
  • PHP/Laravelコース
  • WordPressコース
  • フロントエンドコース

これらのコースに共通しているのは、 全てWebアプリケーションやWebサービスを作成する、 ということです。

参考までに、各コースとメインで学ぶプログラミング言語を挙げておきます。

コースメインのプログラミング言語
JavaJava
WebアプリケーションRuby
PHP/LaravelPHP(Larabvelはフレームワーク)
WordPressPHP(WordPressはCMS)
フロントエンドJavaScript(jQueryはライブラリ)

(補足)
ここからは「Javaコース」に限った話です。
ITエンジニアになることを強く希望しているなら、 Javaコースよりも「エンジニア転職保証コース」をおすすめします。

「エンジニア転職保証コース」で学ぶプログラミング言語もJavaなので、 どうせ学ぶなら、より転職成功の可能性が高い転職保証コースをおすすめします。 もし転職できなければ全額返金されますので、リスクヘッジにもなります。

まとめ:テックアカデミーを就職・転職に活かせるかどうかは自分次第

結局の所、テックアカデミーで学んで就職・転職できるかどうは 本人の選択や行動しだいです。

適切な選択は、転職需要のあるコースを選ぶことです。
適切な行動は、学習時間をしっかりと確保して、自走できるようになり、 ポートフォリオを作成すること。 さらに転職活動を行うにあたってはテックアカデミー・キャリアを活用することです。

正しい選択・行動を行えば成功しますし、 テックアカデミー経由で就職・転職に成功している受講生はたくさんいます。 まずはテックアカデミーの無料説明会動画を見たり、 無料体験を受けてみることをおすすめします。

TechAcademy(テックアカデミー)の公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました