テックアカデミーのメンター変更は不可でも、交渉・工夫の余地はある

スポンサーリンク

テックアカデミー(TechAcademy) を受講しようかどうか考えています。

テックアカデミーは専属メンター制と聞きましたが、 もし自分と合わない人がメンターになったら場合、 変更してもらえるのでしょうか?

今回はこのような疑問に答えていきます。

テックアカデミーではメンターの変更は基本的にできない

変更

テックアカデミーは専属メンター制で、 結論から言うとメンターの指名や変更はできません。

テックアカデミー利用規約の第6条(メンタリング)には次のように記述されています。

5. 会員は担当メンターの指名および変更は行えないものとします。 ただし、当社が担当メンター変更の必要があると認めた場合はこの限りではありません。

またFAQページには次のように記述されています。

Q. パーソナルメンターを指名することは可能ですか?後から変更することはできますか?

A. パーソナルメンターの指名および変更は不可となっています。ご希望のメンタリング時間に合ったメンターを担当としてアサインしています。

このように、 基本的にはメンターの指名や変更はできないことが明記されています

★ テックアカデミーの公式サイトはこちら

テックアカデミーのメンターを変更したい場合の対処方

メンター

メンターは2種類ある

テックアカデミーの場合、メンターは2種類あります。

■ 専属メンター(ビデオチャットメンター)

専属メンターが週2回のビデオチャットを担当してくれる、 メインのメンターです。 メンターといった場合、通常は「専属メンター」のことです。

■ チャットメンター

テックアカデミーではビデオチャット以外にもテキストチャットツールを使って いつでも質問できる仕組みになっています。 チャットメンターはテキストチャットを担当する人のことです。

専属メンターを変更したい場合は交渉してみよう

基本的にメンターは変更できませんが、 テックアカデミー側が認めてくれた場合は可能です。 ですから、どうしても変更してもらいたい時は交渉してみましょう。

ただ「相性が合わない」とか、「気に入らない」 などの漠然とした理由では難しいと思います。

具体的に理由を挙げるようにしてください。例えば、

  • メンタリングの開始時間を守らない
  • 言葉遣いがいちいち上から目線(できれば具体的な言葉も)
  • 質問してもまともな回答が得られない

など、テックアカデミーが「変更の必要あり」と認めざるを得ないような 具体的な理由を添えて交渉してみてください。

決して安くはないお金を払う以上は、 それに見合ったサービスを受けるのは当然のことです。 遠慮がちな人ほど損をしてしまいますから、 メンターを変更したい場合は申し出てみてください。

複数コース受講で、メンターを継続してもらいたい場合も交渉の余地あり

テックアカデミーは複数のコースを選択することもできますし、 セット割という割引制度もあります。

複数のコースを受講する場合、通常メンターは別々です。 ですが、最初のコースの担当者をあなたが気に入って、 2つ目のコースも同じ人にお願いしたい時は、 テックアカデミーにその旨を伝えてみてください。 スケジュールさえ合えば、希望が通る可能性があります。

実際にそうやって複数のコースを同じ人に担当してもらった方も いるようです。 ただしRubyに詳しい講師がPHPにも詳しいとは限りませんので、 自分のやろうとしている分野に詳しいかどうかを必ず確認してください。

テキストチャットのメンターはランダム

ランダム

テキストチャットでのやりとりの場合、 どのメンターから返事が返ってくるかは決まっていなくて、ランダムです。

質問に対する返事が良く理解できない場合は、 遠慮せずに「〇〇の所がわかりません」 と再度質問を投げかけてみましょう。 そうすれば同じ人が詳しく説明してくれる時もありますし、 違う人が別の角度からわかりやすく説明してくれる時もあります。

チャットメンターは時間制だから、曜日や時間をずらす

チャットメンターは時間制で担当しているようです。
もし自分が思うような回答が得られないことが続くようなら、 「テキストチャットの曜日や時間をずらす」という手段もあります。 そうすると、他のチャットメンターが担当しているかもしれません。

わかりやすい返事をくれる担当者がいる曜日・時間をメモしておいて、 その曜日・時間に重点的にテキストチャットをやると良いでしょう。

メンターを自分で選べるプログラミングスクールもある

もし自分でメンターを選びたいなら、 別のプログラミングスクールという選択肢もあります。

テックアカデミーと同じくらい、 メジャーなオンライン完結型のプログラミングスクールに コードキャンプ(CodeCamp)というプログラミングスクールがあります。
コードキャンプなら毎回自分でメンターを指名するので、 相性の悪い人は次から選ばなければいいだけで、 自分の気に入った講師を選び続けることができます。

ただしデメリットとしてコードキャンプにはテキストチャットで 質問できる体制がありません。ビデオチャットによる授業のみです。

どちらのプログラミングスクールにも メリット・デメリットがあるので表にしておきます。

プログラミングスクールメンター指名・変更テキストチャット
テックアカデミーできないあり
コードキャンプできるなし

どちらがおすすめかは、人によって違ってきます。 ある程度自分一人でテキストを進めていける人ならテックアカデミーがおすすめです。 完全初心者で、マンツーマンのビデオチャット形式で丁寧に教えてもらいたい方は コードキャンプがおすすめです。

どちらのスクールも無料体験を受けることができますから、 まずは無料で試してみることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました