「SES」「派遣」「請負」の違い(IT業界者なら知っておきたい)

IT業界の契約形態について調べていると、 いろいろな用語が出てきます。
SES、派遣、請負、準委任、業務委託など、小難しい言葉も 出てきますから混乱しがちです。

そこでこの記事では、まずIT業界の契約形態の全体像を示し、 次に「SES」、「派遣」、「請負」の違いについて説明します。 この記事を読むと、各用語の意味とそれぞれの用語の関係性がわかるようになります。

IT業界の契約形態に関する全体像

ここではIT業界の契約形態に関する全体像と、 SES、派遣、請負といった言葉がどの契約に該当するのかを示します。

まずIT業界の契約形態は大きく2つに分かれます。「業務委託契約」と「派遣契約」です。(下図)

契約形態

業務委託契約は「請負契約」と「準委任契約(SES契約)」の2つに分かれます。(下図)

業務請負契約

請負契約が「請負」、準委任契約(SES契約)が「SES」、 派遣契約が「派遣」に該当します。
下図がIT業界の契約形態の全体像です。

請負、SES、派遣

SES契約(準委任契約)とは

開発

SES契約(システム・エンジニアリング・サービス)とは、 クライアントに対して ITエンジニアを派遣するサービスを行う契約形態の1つです。 SES契約は一般的な契約ではなく、 IT業界だけで使われる契約形態です。
「客先常駐」と言う場合は、一般的にはこのSES契約のことを言います。

準委任契約の前に委任契約について説明します。
委任契約とは、法律行為としての事務の委託契約です。 例えば、弁護士さんに契約書の作成をお願いするような場合は委任契約になります。 この委任契約の中に準委任契約があります。 準委任契約は法律行為ではない事務を委託する契約です。 ITエンジニアが行う開発・運用・保守は法律行為ではありませんから、 準委任契約になります。

SES契約という言葉は民法上はありません。 ですからIT業界ではSES契約という言葉を使いますが、 民法上は準委任契約のことをいいます。

SES契約の特徴は次の通りです。
  • 労働力の提供に対して対価をもらう
  • 成果物を完成させる責任はない
  • 指揮命令権はベンダー側(自分が所属する会社)にあり、クライアント側にはない

派遣契約とは

派遣契約とは、労働者派遣法に基づいた契約で、 「クライアントの指揮命令のもとで業務を行う労働力」を派遣してもらう契約です。
派遣契約について考える場合は、 派遣元(派遣会社)、派遣先(クライアント)、派遣労働者の三者が必要となります。

派遣契約の特徴は次の通りです。

  • 労働力の提供に対して対価をもらう
  • 成果物を完成させる責任はない
  • 指揮命令権はクライアント側にある

SES契約と派遣契約は似ている点が多くあって混同しがちなので、 後で違いを説明します。

請負契約とは

請負開発

請負契約とは、クライアント側から完成を目的としした依頼を受けて、 完成品(成果物)を納品し、納品した成果物に対して報酬を得る契約形態です。 結果(成果物)が問われる契約で、 プロセス(労働力)に対して報酬は支払われません。

SESと同じ業務委託契約の一つであり、 指揮命令権はクライアント側ではなく、 ベンダー側(自分が所属する会社)にあります。

請負契約の特徴は次の通りです。

  • 完成品(成果物)に対して対価をもらう
  • プロセス(労働力)に対する対価はない
  • 指揮命令権はベンダー側にある

SESと派遣と請負の違い

何に対して対価を得るか

SESと派遣は「労働力」に対して報酬を得ます。 一方、請負は成果物(完成品)に対して報酬を得ます。

SESと派遣はあくまで労働力の提供なので、 結果に対する責任は負いません。

請負は結果に対して責任を負いますから、 バグがあった場合などは無料で修正を行うなどの 対応が必要となります。(契約次第ですが)

一般名称対価の対象 
SES労働力
派遣労働力
請負成果物

業務指揮命令権

SESと請負の場合、業務指揮命令権はベンダー側(自分が所属する会社)にあり、 派遣の場合はクライアント側にあります。

このあたりがSESと派遣のグレーゾーンと呼ばれている部分の一つです。 SESは通常クライアントの会社に常駐していますから、 クライアントの指示を受けて業務を行うのは普通のことです。 いちいちベンダー側の指示を待っていたら遅くなります。

契約上は業務指揮命令権が違っていると認識しておいてください。 (実際はあいまいです)

一般名称 業務指揮命令権 
SESベンダー側
派遣クライアント側
請負ベンダー側

契約形態

契約形態はそれぞれ違っていて、 SESは準委任契約(SES契約)、派遣は派遣契約、請負は請負契約となっています。 なお、準委任契約と請負契約は業務委託契約の一つです。

一般名称 契約形態 
SES準委任契約(SES契約)
派遣派遣契約
請負請負契約

まとめ

上の違いをまとめると次の表になります。

一般名称対価の対象  業務指揮命令権  契約形態 
SES労働力ベンダー側準委任契約(SES契約)
派遣労働力クライアント側派遣契約
請負成果物ベンダー側請負契約

このいずれかの契約で業務を行っている方や行う予定の方は、 自分が損をしないためにも、この3つの契約形態の違いを把握しておくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました