SESとは?「SESはやめとけ」の理由や「派遣との違い」を解説

ITエンジニアについて調べていると 「SES」という言葉を良く聞きますが、 「SES」と「派遣」の違いがいまいち良くわかりません。

あと「SESはやめとけ」といった意見も見かけますが、 どうなんですか?

今回はこのような疑問に答えていきます。

SESを一言でいうと「客先常駐」です。 ですが「派遣」とは違います。
さらにSESにはデメリットが結構あるので否定的な意見も多いようです。

そこでこの記事では、SESとは何か、よく似ている「派遣」との違いや 「やめとけ」と言われる理由について解説します。

SESとは

SES

SES(システム・エンジニアリング・サービス)とは、 クライアントに対してITエンジニアを派遣するサービスを行う契約形態の1つです。 平たく言うと、クライアントに常駐して働くことです。

先程、SESは契約形態の1つと書きましたが、 クライアントとIT企業が結ぶ契約形態として、 「SES」以外には「派遣」「請負」契約があります。

「SES」「派遣」「請負」について簡単に整理すると次のようになります。

契約形態契約説明
SES準委任契約クライアント先に常駐して労働力(サービス)を提供する
派遣派遣契約クライアント先に常駐して労働力(サービス)を提供する
請負請負契約クライアントに対して成果物を提供する

SESと派遣の共通点と違い

似ているようで違う「SES」と「派遣」の共通点や違いについて説明します。

共通点:労働に対して対価を得る

「SES」と「派遣」のどちらも、何に対して報酬を得るかは同じです。
どちらも「労働」に対して報酬を得るのであって、 結果(成果)は関係ありません。働いた時間分の報酬をもらえます。
例えば、「こんなプログラムを作って」と頼まれたとします。 その場合、依頼されたプログラムが完成するかどうかに関係なく、 働いた時間分の対価を得ることができます。

これと対照的なのが「請負」です。請負は「成果物」に対して報酬を得ます。 完成品として成果物を納品できなければ報酬は発生しません。 何十時間、何百時間働こうが「成果物」が無ければ報酬はゼロです。

「何に対して成果を得るか」
  • SES・派遣・・・労働
  • 請負 ・・・・・成果物

違い:契約形態が違う

契約

ITエンジニアを派遣する派遣元と、 ITエンジニアを受け容れる派遣先(クライアント)の間で契約を結ぶのですが、 「SES」と「派遣」では契約形態が異なります。

「SES」は「準委任契約」、「派遣」は「派遣契約」です。

「準委任」という聞きなれない言葉が出てきたので説明します。 「準委任契約」とは法律行為ではない事務の委託契約のことで、 ITエンジニアは法律行為を行わないので準委任契約となります。

ちなみに弁護士さんなどに法律行為を委託する場合は 「委任契約」となります。ITエンジニアは「準委任契約」です。

違い:業務指揮命令権が違う

指揮

「SES」と「派遣」では、どこに業務指揮命令権があるのかが違います。 「SES」は自分が所属する自社(ベンダー側)に業務指揮命令権があり、 「派遣」は派遣先(クライアント側)に業務指揮命令権があります。

この業務指揮命令権に違いは結構あいまいになっている部分で、 グレーゾーンでもあります。

実際に業務を行う場合は、 クライアント側の指示によって作業を行うのが普通であり、 自分が所属する自社の指揮命令をいちいち待っていたら仕事が進みません。
ですが建前としては業務指揮命令権が違うことになっています。

「SESはやめとけ」の理由(SESのデメリット)

常駐先の企業がよく変わる

企業

通常の会社員だとその会社に居続けるのが当たり前ですが、 SESは常駐先との契約が切れ次第、次の常駐先へと行くことになります。

契約が継続されることももちろんありますから、 ケースバイケースですが、常駐先の企業がよく変わることは確かです。 常駐先が変わると新しい職場で人間関係も一から築いていく必要があります。

常駐先の企業によって環境が全く違う

常駐先の企業によって、仕事の環境も、技術環境も全く違ってきます。 設計書がちゃんとある会社や、逆に設計書がほとんどない会社、 スケジュール管理がしっかりしている会社、いい加減な会社、 技術レベルが高い会社、低い会社など、 環境が全く違ってきますから、その環境に順応する必要があります。

給料が安い

時間給

SESは時間あたりいくら、という形で報酬をもらいます。 ですからどれほど優れた成果物を完成させようが、 もらえる報酬は決まっています。 その人が上げた実績と、報酬は比例しません。
クライアント側にとっては、 SESはいくらでも替えの効く存在ですから報酬も低く抑えられがちです。

さらにITゼネコンと呼ばれるIT業界の問題もあります。 SESの多くは大手企業の2次受け、3次受けとして仕事を行っています。 つまり大手企業にピンはねされていますから、 その分下請け会社に入ってくる分が少なくなっています。 こうしたIT業界の構造的な問題も給料の安さに関係してきます。

この辺りのIT業界の構造に関して興味のある方は次の記事を参考にしてください。

IT土方とは。きつい職業の末路は?IT土方を回避・抜け出す方法
IT土方は体力的・精神的にもきつい職業で、末路は使い捨てです。高卒や未経験者がなるというよりは会社によります。この記事ではIT土方を回避する方法や、もしIT土方になってしまった場合に脱出する方法を紹介します。

エンジニアが流出しがち

SESの場合、普段は常駐先に出勤していますから、 本来の自分の会社へ行くことはほとんどありません。 たまに用事があって行く程度です。 ですから普通の会社員と比べると、 会社に対する帰属意識が低いのが実情です。

普段から他の会社の人と接する機会が多い分、 他の会社からの引き抜きもよくある話です。

SESのメリット

いろいろな企業・環境で働ける

環境2

これは先程デメリットで挙げた「常駐先の企業がよく変わる」と表裏の関係です。

人によっては「同じところにいるよりも、むしろいろんな企業へ行ってみたい」 という人もいると思います。 そうした環境を変えるのが好きな人にとってはメリットとなります。

常駐先が変われば、使う言語、ツール、インフラ環境など、 全てが変わります。 そこで自分が知らなかった新しい知識と経験を得ることができます。

クライアント側のメリット:人材育成の手間が省ける

人材育成

SES契約はクライアント側にもメリットがあります。

自社でエンジニアを育成するとなるとかなりの手間・時間・費用がかかります。 SES契約ならエンジニア育成の手間が省けて、 すでにスキルを持っているエンジニアを派遣してもらうことができます。

契約期間中は人件費が発生しますが、 終了したらそれ以降は雇い続ける必要はありません。 つまり必要に応じて都合よくエンジニアを派遣してもらえます。

まとめ:一概に「SESはやめとけ」とは言えない

SESと派遣の違いや、SESのデメリット・メリットについて述べてきました。

SES契約には常駐先がコロコロ変わったり、給料が安いといったデメリットがあります。 しかし人によってはいろんな環境で仕事してみたい方もいますし、 クライアント側にも大きなメリットがあります。

ですから「SESは悪」とも一概には言えません。 自社開発でもSESでも派遣でも、 自分に合った働き方が見つかればそれが一番です。

タイトルとURLをコピーしました