プログラミングスクールが無駄になる人、ならない人の違い

プログラミングスクールを受講しようか迷っています。

リサーチしていると「プログラミングスクールは無駄だからやめとけ」 といった意見を見かけるのですが本当でしょうか。 なぜそう言われるのですか?

今回はこのような疑問に答えていきます。

プログラミングスクールは昔から賛否両論あって、 無駄という人もいれば有益という人もいます。 どちらの意見もそれなりの理由があります。
そこでこの記事では、プログラミングスクールが無駄だと言われる理由や、 スクールが無駄になる人とならない人の違い について説明します。

プログラミングスクールが無駄と言われる理由

プログラミングの学校

スクールの受講料が高い

無駄だと言われる理由の中でも、 最も大きい理由がプログラミングスクールの受講料の高さです。 目安として1カ月あたり10万円前後、 3カ月間受講するとしたら30万円近く、 高いところでは60万円くらいかかる所もあります。

一般的な金銭感覚から考えると高いのは明らかですから、 「お金の無駄」「他のことに使った方がマシ」といった 意見があります。

独学でもプログラミングはマスターできる

独学でもプログラミングはマスターできる、 だからプログラミングスクールへ行くのは無駄」 という意見もあります。 これは過去に自分が独学で プログラミングをマスターした人がよく言う意見です。

ですが厳しい現実として、独学で習得できる人は少数派です。 約9割の人が独学では挫折すると言われています。 それくらい独学での挫折率が高いのがプログラミングです。 だからこそスクールで受講する人が多くいます。

安くて高品質な教材もある

プログラミングスクールに何十万円もするお金を使わなくても、 無駄を少なくしてもっと安く済ませる方法もあります。 例えば、書籍や「Progate」、「Udemy」などを利用すれば 数千円ぐらいのお金で良質なコンテンツを手に入れることができます。

ただしこれらの方法も独学になりますから、 コンテンツは高品質ですが習得できる方は少ないです。

スクールに通わなくてもエンジニアになれる

プログラミングスクールへ行かなくてもエンジニアになっている人はたくさんいます。 新卒の人や、自分で就職・転職活動をしてエンジニアになれる人もいます。 そうした人達から見れば、プログラミングスクールは無駄かもしれません。

ですが自力でエンジニアへ就職・転職するよりも、 プログラミングスクール経由の方がエンジニアへなりやすいことも事実です。 特にアピールが苦手な方や面接が苦手な方などは、 プログラミングスクールの就職カウンセリングでアドバイスを受けることもできます。

プログラミングスクールが無駄になる人の特徴

プログラミングの学校

学習時間が取れない

プログラミングの能力は短時間ですぐに身につくものではありません。 毎日コツコツと学習することで身につくようになります。

プログラミングスクールはだいたい3カ月ぐらいの受講期間なので、 その間に学習時間が確保できないと、せっかく受講しても無駄になります。

継続力がない

プログラミングだけでなく、 何事もマスターするためには継続力が必要です。 簡単ではありませんから、 途中で何度も挫折しかける時がくると思います。 それでもやり続ける方だけがマスターできます。

不思議なことに、 たまにお金を払っただけで満足してしまってやらない人もいます。 そうした場合はお金が無駄になるだけなので、 行くのは止めておきましょう。

受け身の姿勢で受講している

「プログラミングスクールへ通えばプログラミングができるようになる」 と思っているなら間違いです。 あくまで学習をサポートしてくれる存在であり、 学習速度を加速してくれる役割です。 受け身の姿勢でいる限りは無駄になります。

そもそもスクールに通う必要がないほど優秀

これは今までとは全く逆の意味ですが、たまにいるので書いておきます。 高い能力があって、プログラミングのセンスも持ち合わせている場合は独学で出来ますから、スクールに通う必要はありません。お金の無駄です。

書籍や安くて良質なオンライン教材で学習するだけでも、 十分マスターできます。ただし、このような優秀な方はレアケースです。

プログラミングスクールが無駄にならない人の特徴

プログラミングスクール3

上で述べた「無駄になる人の特徴」とは逆になります。

学習時間がちゃんと取れる

プログラミングスクールに通っている間は、 学生なら毎日4、5時間程度、 社会人なら平日は1、2時間、 休日は6時間程度の時間を確保したい所です。

これぐらいの時間を取れれば、無駄にならずに 短期間でもある程度の成果を出すことができます。

継続力がある

スポーツや習い事と同じで、 プログラミングにも慣れが必要です。 気分にムラがあり、やったりやらなかったりするよりも、 毎日コツコツと継続できる人の方が最終的には成功します。

スクールを積極的に利用できる

プログラミングスクールは学習速度を加速してくれる所です。 加速度は個人差がありますが、150%から200%くらいは加速できます。

受け身の姿勢ではなく、 教材や講師をうまく利用できる場合は無駄にならずに結果を出せます。

まとめ:プログラミングスクールが無駄かどうかは本人次第

結局の所は、プログラミングスクールが無駄かどうかは本人次第です。

ある程度の学習時間が確保できて、コツコツと継続して、 自ら主体的にスクールを利用できる方はうまく行く可能性が高くなります。

タイトルとURLをコピーしました