社内SEはスキルが身につかない?社内SEのスキルアップ方法

社内SEになろうと考えています。
「社内SEはスキルが身につかない」 という話を聞きますが本当でしょうか?
社内SEでもスキルアップする方法があれば教えてください。

今回はこのような疑問に答えていきます。

最近は社内SEになりたい、という人も結構増えています。 安定性や残業が少ないためライフバランスがとりやすいことも理由の1つです。
ですがその一方で普通のSEと比べると 「技術的スキルが身につきにくい」ことも確かです。

そこでこの記事では、 社内SEはスキルが身につかないと言われる理由や、 社内SEがスキルアップする方法を紹介します。

社内SEはスキルが身につかないと言われる理由

社内SEが普通のSEと比べてスキルが身につきにくいと言われるのには、 次のような理由があります。

  • 基本的にはルーチンワーク
  • 新しいことに挑戦する機会があまりない
  • 仕事の内容が楽で難しくない
  • 残業が少ない
  • 仕事を外注することが多い
  • プレッシャーが少ない

これらの理由を見ると、ほとんどが技術的なスキルのことを言っています。 技術的スキルだけを見ると、確かに身につきにくいかもしれませんが、 社内SEには技術的なスキルだけでなく他のスキルも要求されます。

社内SEに必要なスキル

技術スキル

スキル

社内SEに必要な技術スキルは多岐にわたります。

まず社内SEの業務として、システム開発、システム保守・運用、 インフラ構築、ユーザー対応などがあり、 それぞれの業務で必要となる知識は次の通りです。

  • 「システム開発」にはシステム設計やプログラミングの知識
  • 「システム保守・運用」には保守・運用で使うソフトウェアの知識
  • 「インフラ構築」にはネットワークやハードウェアの知識
  • 「ユーザー対応」には業務ソフトやオフィスソフト、PC全般の知識

このように多岐にわたるため、複数人数で、 さらに外注を使って業務をこなします。

ここでどのような業務を担当しているかや、 どれくらい仕事を外注しているかによって、 自分の技術スキルアップの程度も違ってきます。

コミュニケーションスキル

コミュニケーション

社内SEは会社内におけるIT業務の調整役ですから、 いろんな部署の人達と関わりがあります。

各部署やいろんな人たちの意見や要望を聞いて、 できること、できない事を説明することが必要です。 そのためにも社内SEにはコミュニケーション能力が必要となります。

特にヒアリングの能力は重要です。 クライアント(同じ会社の社員)の要望をしっかりと聞くことで、 相手が本当に望んでいるシステムの開発ができます。

業務知識

社内SEは会社業務の全体を把握している必要があります。 各部署で必要としていたり、使っているシステムが異なります。 それぞれの部署の業務について細かい内容まで知っている必要はありませんが、 各部署がどういったことを行っているのか、 問題点や課題は何かを把握しておくことが必要です。

マネジメントスキル

業務を外注するケースが多くあります。 その場合に必要となるのが外注先のマネジメントスキルです。

社内SEは仕事内容、人員、報酬などの調整・交渉から始まり、 外注メンバーの管理も行う必要があります。 自社内だけでなく、外部企業との調整も大事な仕事の1つです。

スキルアップの方法

ここからは、 どうすれば社内SEがスキルアップできるのかを説明します。

業務内容を変えてもらう

社内SEの仕事はルーティンワークが多くなります。 ですから、今の業務がちゃんとこなせた上で、 「今の業務内容ではこれ以上のスキルアップは難しい」と思う場合は、 業務内容を変えてもらうといいでしょう。
そうすれば新しいスキルを取得することができ、 自分のスキルアップにもつながります。

資格を取得する

残業もそれほどなく時間的に余裕があるのなら、 資格を取得してスキルアップする方法もあります。

自分が行っている業務と関連のある資格なら、 すでに知っている知識を活かせるため少ない勉強時間で取得できます。 例えば、社内インフラの構築に関わっている人なら ネットワーク関連の資格を取るなど。

社内SEのスキルアップに役立つ資格については 後でまとめて紹介します。

副業でスキルアップと収入を増やす

資格取得よりもハードルは高いのですが、 副業ならスキルアップだけでなく収入を増やすこともできます。

副業でよく使われているのがクラウドワークスやランサーズといった クラウドソーシングサイトです。 プログラミングやデザイン、ライティング、調査業務など クラウドソーシングサイトを利用すれば自分が今もっているスキルで 稼ぐことができますし、スキルアップすればさらに稼げる幅が広がります。

社内SEなら毎日会社に行けば給料が振り込まれますが、 副業では自分で仕事を取得する必要があります。 自分の力でお金を稼ぐという貴重な経験ができるのでおすすめです。

他の会社へ転職する

転職

今働いている会社でやれることをやった上で、 それでもスキルアップに限界を感じているようなら 他の会社へ転職するのも一つの方法です。

社内SEはある程度の規模の会社ならどこでも必要としている職種ですから、 どこかしらの企業は募集しています。 ただし、社内SEの仕事内容は企業によって全然違ってきますから、 自分の希望に沿った業務につけるのか等をしっかりと確認して、 自分のスキルアップにつながる転職をおすすめします。

社内SEのスキルアップに役立つ資格

資格

社内SEのスキルアップに役立つ資格を国家資格とベンダー資格に分けて紹介します。

国家資格

国家資格で社内SEのスキルアップ役に立つ資格は次のようなものがあります。

  • ITパスポート試験
  • 基本情報処理技術者試験
  • プロジェクトマネージャ試験
  • ネットワークスペシャリスト試験
  • 情報セキュリティマネジメント試験
  • 情報処理安全確保支援士試験

難易度ではITパスポート試験、基本情報処理技術者試験、 情報セキュリティマネジメント試験が易しい部類に入り、 それ以外は難しい試験となっています。

ベンダー資格

ベンダー資格で社内SEのスキルアップ役に立つ資格は 次のようなものがあります。

  • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)
  • Linux技術者認定試験(LinuC)
  • オラクルマスター
  • シスコ技術者認定

オフィスソフト関連の資格なら「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」、 サーバー構築・運用関連なら「Linux技術者認定試験」、 データベース関連なら「オラクルマスター」、 ネットワーク関連なら「シスコ技術者認定」が有名な試験です。

タイトルとURLをコピーしました