大学生におすすめの安いプログラミングスクール

現在大学生で、プログラミングスクールへ通うかどうかを検討中です。
スクールへ通うメリットや、スクール選びのポイント、 おすすめのプログラミングスクールがあれば教えてください。

今回はこのような疑問に答えていきます。

大学生のうちからプログラミングスクールへ通えば、 他の学生に大きく差を付けられることは確実です。 ですが学生にとってスクールの受講料は決して安い金額ではありませんから、 慎重に検討する必要があります。

そこでこの記事では、スクールのメリット・デメリット、 スクールを選ぶにあたっての注意点、 大学生におすすめのプログラミングスクールなどを紹介します。

大学生がプログラミングスクールに通うメリット・デメリット

プログラミングを学ぶためのまとまった時間がとれる

社会人と大学生を比較した場合、 大学生の方が自由に使える時間がかなり多くあります。 ですから、プログラミングを学ぶためにまとまった時間が取れます。

社会人になって同時にプログラミングスクールに通って学習するのは かなり大変です。 平日なら1時間か、せいぜい2時間ぐらいしかできないでしょう。

学生なら平日でも5、6時間くらいは取れるかもしれません。 プログラミングスクールへ通いながら、 ほぼ毎日5、6時間学習を3カ月くらい続けると、 かなりプログラミングのスキルは上達します。 スクールへ通うのは時間的に余裕のある大学生の方が有利です。

学割で安くなるスクールもある

プログラミングスクールによっては「学割」があって、 一般価格よりも随分安くなる場合があります。
ソフトウェア販売でもこうした学割は良くありますから、 プログラミングスクールでも学生の特権は利用しましょう。

例えば、「TechAcademy」なら学割で2割から3割引きぐらいになっています。 「GEEK JOB」なら半額です。

プログラミングスクールの受講料は決して安くはありませんから、 こうした学割制度のあるスクールを利用するのも一つの手です。

プログラミングの高単価アルバイトで稼げる

プログラミングがでるようになると、 学生のうちからプログラミングの技術でお金を稼げるようになります。
プログラミングのアルバイトを探してみると、 一般的なアルバイトよりも高時給で働けることがわかります。 プログラミングは誰でもできる仕事ではありませんから、 高単価なのは当然です。

最初は基本的な事しか任されないかもしれません。 ですがこの業界は、 実力のある人はどんどん仕事を任されるようになりますから、 アルバイトでも自分の実力次第でやりがいのある仕事も回ってきます。 高い時給のアルバイトをしながら、 同時に自分のスキルアップにもつながりますから一石二鳥です。

プログラミングスクールによってはプログラミング関連の アルバイトを紹介してくれる場合もあるかもしれません。

就職や将来のための選択肢が増える

現在ITエンジニアの不足が深刻な問題となっています。 どこの企業も優秀なエンジニアの獲得に熱心です。

もし学生の間にプログラミングをマスターしているなら、 就職活動でも他の遊んでいた学生より優位に立てます。 より有利な条件や 高待遇の企業に就職できる可能性が高くなるでしょう。

プログラミングを学んだからといって、 必ずしもITエンジニアになる必要もありません。
プログラミングができる会計士、プログラミングができる医者など、 他のどの職業に就いても、 プログラミングができることは大きな武器の1つとなります。

大学生がプログラミングスクールを選ぶ際のポイント・注意点

トータルの受講料金を確認する

プログラミングスクールの料金体系は各スクールごとに違いますから、 事前にしっかりと確認する必要があります。
料金が発生するのは主に次の3つです。

  • 入学金
  • 受講料(一括か毎月か)
  • 教材費

これらを合計した金額を比較するようにしましょう。

スクールによっては、毎月の受講料は安いけど、 入学金が異常に高いスクールも存在します。 逆に受講料は平均より高いけど、 入学金や教材費が一切かからずにトータルでは安いケースもあります。 本当に各スクールでバラバラなのでちゃんと確認してください。

申し込む前に無料体験を利用する

多くのプログラミングスクールでは、 申込の前に無料体験や相談が出来るようになっています。 ですから、ネットの情報だけでいきなり申し込むのではなく、 実際に自分で体験してみてから決めてください。

いくらネットでの評判が良くても、 あなたにとって相性の良いスクールでなければ意味がありません。 逆に多少ネットの評判が悪くても、 あなたに合うならそこは良いスクールです。
実際に体験することでわかることがたくさんありますから、 無料体験・無料相談はぜひ活用してください。

スクールの候補数が多すぎると、考えすぎて行動がとれなくなるので、 まずは2、3校に絞って、無料体験を利用するのがちょうど良いと思います。

オンライン型か通学型か

自宅から通える距離にプログラミングスクールの校舎があって、 通学型の方がモチベーションが保てる方は通学型の方がいいかもしれません。
プログラミングスクールの校舎に通えるのは大都市に住んでいる方に 限られてきますから、多くの方はオンライン型になるでしょう。

オンライン型も通学型もどちらもメリット・デメリットがありますから、 自分の環境や性格に合わせて選べば良いと思います。

大学生におすすめのプログラミングスクール

TechAcademy

TechAcademy

TechAcademyはオンライン完結型のプログラミングスクールで、 実績と人気のあるスクールです。
受講料も業界では安い方で良心的な価格になっています。 入学金はなく、さらに大学生なら学割があります。

TechAcademyのホームページにあるコース一覧を見るとわかるのですが、 コースがの数が豊富です。 他のスクールに先駆けて新しい技術もどんどん取り入れています。
豊富なコースの中でも一番人気は「Webアプリケーションコース」で、 この講座を受講して 1カ月でWebアプリを開発できるようになった人もいるようです。

授業はオリジナル教材を自習する形で進んでいき、 疑問点は専属メンターにチャットで質問できるようになっています。 自分でどんどん進めたい人には向いているでしょう。

1週間の無料体験を受けることができますから、、 興味のある方は無料体験を受けてから検討してみてください。

TechAcademy

CodeCamp

CodeCamp

CodeCampもオンライン完結型のプログラミングスクールで、 これまでに20,000人以上の受講生を指導してきた実績のあるスクールです。

受講料も安い方ですが、入学金が30,000円かかり、学割がありません。 ですからトータルで考えるとTechAcademyよりは少し高くなります。

授業はマンツーマンのビデオ授業で進められ、 生徒と講師で画面を共有しながら教えてもらえます。 テキストチャットのサポートはなく、ビデオチャットのみとなっています。 講師は現役エンジニアでレベルが高く、 ホームページの講師紹介欄ではヤフー出身のエンジニアの方もいました。

無料体験レッスンもありますから、興味のある方は受けてみて下さい。

CodeCamp

GEEK JOB

GEEK JOB

GEEK JOBはオンライン・オフライン両方に対応している プログラミングスクールです。 東京の校舎に通って学ぶこともできます。

GEEK JOBは「就職支援付き無料プログラミングスクール」として有名ですが、 学習のみのコースもあります。 「Webアプリ学習コース」はJavaかPHPを使ったWebサービスを開発する講座で、 期間は2か月、社会人なら132,000円ですが、 学生なら半額の66,000円で学習することができます。

もし学習と同時にエンジニアとして就職したいと考えているなら 「大学生就職コース」がおすすめです。 Java/PHP/Rubyのいずれかを無料で学べて就職までサポートしてもらえます。

無料体験・説明会も行われていますから、 申込前に参加してみてください。

GEEK JOB

タイトルとURLをコピーしました