Unityでできること。ゲーム以外でも躍進中

Unityでできることは何ですか?

Unityはゲーム開発環境というイメージがありますが、 VRやARなどの分野でも使われていると聞きました。

Unityでできることや、特徴を知りたいです。

今回はこのような疑問に答えていきます。

Unityはゲームエンジンとして開発されました。 ですがゲーム以外の分野にも活躍の幅を広げています。 ゲーム以外で使われているのは、 VRやARといったこれから伸びる分野です。

そこでこの記事では、 UnityでできることやUnityの特徴について説明します。

Unitytとは

Unity

Unityは米国のUnity Technologies社が開発している ゲームエンジンです。 ゲームエンジンの中では一番人気があり、 世界中で100万人以上の開発者が利用しています。

ゲームエンジンとはゲームを効率よく開発するための統合開発環境です。 2D・3Dグラフィック、サウンド再生、コントローラーからの入力感知システム、 データの管理などのゲーム開発に必要な要素が あらかじめ用意されています。

Unityが出てくる以前は、各ゲーム会社がそれぞれ独自のゲームエンジンを 開発して使っていました。その会社だけでしか通用しない、 言わば「閉じた世界」でのゲーム開発でした。
ところが、Unityはゲーム開発のノウハウを多くの人達の間で共有できるように、 「開かれた世界」でのゲーム開発を目指して開発・公開されました。

現在ではUnityのおかげでゲーム開発のハードルが下がり、 初心者でも参入しやすくなっています。

Unityでできること

できること①:ゲーム開発

ゲーム開発

Unityでできることの一番手はもちろんゲーム開発です。 Unityを使用すればいろんなジャンルのゲームが作成できます。 2Dゲーム、3Dゲームどちらも開発可能です。

Unityで実際に作成したゲームソフトは次のようなものがあります。

  • ポケモンGO
  • スーパーマリオラン
  • 白猫プロジェクト
  • ドラゴンクエスト VIII
  • ごっこランド
  • バイオハザード アンブレラコア
  • テラバトル

いろんなジャンルの有名なゲームが作成されているのがわかります。

Unityはさまざまなプラットフォームに対応していて、 PC、スマホ、家庭用ゲーム機器などほぼすべての機器に対応したゲーム開発が可能です。

できること②:XRコンテンツ

XRコンテンツ

UnityはXRコンテンツも開発できます。
XRとは「X Riality」の略で、エックス・アールやクロス・リアリティと呼びます。 XRはVR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)など 「〇〇現実」の総称です。

この辺りの用語については、 次のサイトの説明が分かりやすいので参考にしてください。
【総称XR】VR・AR・MRの違いとは?

医療、建築、自動車などさまざまな分野でXRコンテンツが開発されています。 そしてXRコンテンツはこれからますます需要が伸びていく分野です。

Unityの特徴

マルチプラットフォームに対応

マルチプラットフォーム

さまざまなデバイスで動作するのがUnityの特徴です。 例を挙げると次のようなデバイスがあります。

  • Windws、Mac、Linuxなどのデスクトップ
  • iOS、Androidなどのスマホやタブレット
  • PlayStation、Xbox、Wii U、Nintendo Switchなどのゲーム機器
  • Unity Web PlayerがインストールされているWebブラウザ
  • VRヘッドセットのOculus Rift、MRデバイスのMicrosoft HoloLensなどのXR機器

このように、 Unityで開発したゲームはいろんな端末で使用できることが特徴の1つです。

Asset Storeが便利

部品

Unityが多くの開発者から支持されている理由の1つに、 Asset Store(アセットストア)の充実度があります。
アセットストアとは、 ゲーム開発のための素材が公開・販売されている場所です。

ゲームを作成するためには様々が素材(部品)が必要となります。 そして素材(部品)の作成にはそれなりに手間がかかります。

アセットストアでは3Dモデルの素材や画像、街並み、サウンド、拡張機能などを 無料(または有償)で手に入れて使用することができます。 たくさんの素材があり、無料の素材だけでも十分ゲームが作成可能です。

アセットストアを利用することで、 素材(部品)を作る時間を節約でき、 ゲームを効率よく開発することができます。

プログラミングなしでも作成できる

Unityが出てくるまでは、 3Dゲーム開発といえば「C言語」や「C++」といったプログラミング言語を 使ってプログラミングを行うのが普通でした。

ところがUnityはノンプログラミングといって、 文字通りプログラミングなしでゲームを作ることもできます。
ノンプログラミングでゲームのステージを設置したり、キャラクターを動かしたり、 ストーリを作ったりすることが可能です。 ノンプログラミングによってゲーム開発のハードルが一気に下がりました。

ただし細部にこだわって複雑な動きをする場合は、 プログラミングが必要になります。 その場合プログラミング言語は「C#」を使用します。 以前は「JavaScript」も使えましたが、現在は「C#」だけです。

無料でも使える

無料

Unityは無料版と有料版があります。 商用目的でない場合は無料版(Personal)で十分だと思いますが、 商用目的の場合は、収益や調達資金の金額によって 有料版(PlusかPro)を使う必要があります。

過去12カ月の収益や調達資金が10万米ドル以下なら無料版(Personal)、 20万米ドル以下なら有料版(Plus)、 20万米ドルを超えるなら有料版(Pro)となります。

条件については変更される可能性もありますから、 こちらの公式サイトで確認してください。
(Unityのプランと価格 )

無料版でも結構なクオリティーのゲームが作れます。 まずは無料版から初めて、 必要に応じて有料版に移行すれば十分だと思います。

Unityの学習方法

学習
タイトルとURLをコピーしました