エクセルVBAでできること。VBAができればこんなメリットがある

エクセルVBAを使うと何ができるのでしょうか?

会社のExcel業務を効率化するために、 VBAを学ぶことになりそうです。
エクセルVBAでできることや、 VBAをマスターした場合のメリットを知りたいです。

今回はこのような疑問に答えていきます。

普段エクセルを使っている方にとって、 エクセル VBAが使えるようになるとエクセルがもっと便利になります。

エクセルVBAと聞くと「計算や集計」処理の自動化というイメージがあると思いますが、 VBAでは他にもいろんなことが実現可能です。
そこでこの記事では、Excel VBAでできることや、メリットを紹介します。

VBAとは

VBAとは「Visual Basic for Applications」の略で、 プログラミング言語の1つです。 Microsoft Office製品に独自の機能を加えるためにあります。

ExcelだけでなくAccess、Word、PowerPoint、OutlookでもVBAは使用でき、 「Excel VBA」、「Access VBA」、「Word VBA」といった言い方をします。

ただし一般的に、VBAと言う場合は一番メジャーな「Excel VBA」を指しますので、 この記事でも以後は「Excel VBA」のことを「VBA」と呼びます。

VBAでできること

定型業務の自動化

業務

最もVBAが使われるのが、この定型業務の自動化です。

  • 計算処理
  • 集計処理
  • グラフ作成
  • レポート作成

日次・週次・月次の業務で、毎回同じ手順で繰り返している作業がある場合、 VBAを使って作業を自動化すると、劇的に作業が効率化されます。
これまで1時間かかっていた作業が数秒で終わることも珍しくありません。

フォームを使った業務アプリ

VBAのフォーム機能を使って、本格的なアプリケーションを作成することができます。 フォーム機能にはボタンやテキストボックスのようなGUIが豊富に用意されています。 それらを使うことでカスタマイズされた業務アプリができます。

出勤管理アプリ、売上管理アプリ、給料管理アプリなどの、 通常は有料アプリを購入して行うような業務のシステムも、 VBAを使えば作成できます。

Webサイトから情報を収集

スクレイピング

Webサイトから自動でデータを取得することをスクレイピングといいます。 スクレイピングは通常Python、Ruby、PHPといったプログラミング言語で行いますが、 VBAでもスクレイピングが可能です。

Webサイトの更新を確認したり、ネットショップの価格や商品データを取得したり、 これまで手作業で行っていた業務をVBAで自動化すれば大幅な時間短縮が期待できます。

他のオフィス製品との連携

連携

VBAではAccessやPowerPointなどの他のオフィス製品と連携することもできます。

ExcelのデータをAccessに流してレポートを作成したり、 Excelで作成したグラフをパワーポイントに貼り付けたりも可能です。 複数のオフィス製品を立ち上げて行っていたデータのやりとりが自動化できます。

メールの送受信

メール

VBAはOutlookとも連携できるのでメールの送受信もできます。

テンプレートを使い、名前とメールアドレス部分を自動で差し替えて、 一括して営業メールを送るようなツールも作成可能です。 手作業で1件ずつメールアドレスや名前部分を変更するような手間を 大幅に削減することができます。

ゲーム作成

ゲーム

VBAではゲームを作ることもできます。
アクションゲームやテトリスのような落ちモノゲーム、 リバーシのようなパズルゲームなど、 個人で作るような規模のゲームなら十分作成可能です。 興味のある方は「エクセル ゲーム」をキーワードにしてググッてみてください。 たくさんゲームが出てきます。

ゲーム作成のメリットはプログラミングの能力が向上することです。 ゲームを作るためにはいろんなプログラミングの技術を組み合わせる必要があるため、 応用力が身に付きます。

VBAが苦手なこと

VBAが苦手なこともあります。それは大量のデータを扱うことです。

Excelで何十万件もの大量データを扱うと、フリーズする(固まる)ことがあります。 この点はVBAでも同じです。 何万件ならまだ大丈夫でしょうが、何十万件ものデータともなると、 Excel VBAではなく、Accessの方が向いています。

他には大量のシートを開くような処理もフリーズする可能性大です。 通常Excelを使っていて、フリーズするような処理はVBAでも辞めておく方が無難です。

VBAができるとこんなメリットがある

日常業務の効率化

効率化

会社の業務でExcelを利用している人がVBAを使えるようになれば、 繰り返し行っている日常業務を効率化できます。 業務を効率化した実績を作れば会社側からも評価されるでしょう。 さらに、他の部署からもVBAでの業務効率化の依頼が来るかもしれません。

多くの会社では単純作業に追われている人がたくさんいますから、 業務改善の余地はいくらでもあります。

プログラミングの能力が身に付く

プログラミング

VBAはプログラミング言語の中ではマスターしやすい言語です。 Excelさえあれば特別な開発環境を必要としないため、 誰でも取り組むことができます。

VBAでプログラミングを学んだことをきっかけに、 プログラミングの楽しさに目覚めてプログラマーに転職した人も結構います。

副業で稼げる

稼ぐ

VBAができれば副業で稼ぐことも可能です。

クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサイトでは、 VBAを使ったプログラミングの仕事案件が結構あります。
ちょっとした開発案件なら数千円の案件から、 業務システムレベルの開発の案件なら十万円以上の案件があります。

興味のある方はクラウドソーシングサイトで 「VBA」や「Excel」というキーワードで探してみて下さい。

転職時にVBAができることは武器になる

転職

転職の際にVBAができることは1つの武器になります。

ほとんどの会社はExcelを使って業務を行っていると思います。 VBAができるようなレベルの人はあまりいませんから、十分武器になります。

これまでにVBAで行ってきたことを実績として履歴書に書くようにしましょう。 「年間100時間以上の業務効率化を達成」などの具体的な数値があると 説得力も増します。

VBAの学習方法

学習
タイトルとURLをコピーしました