IT土方とは。きつい職業の末路は?IT土方を回避・抜け出す方法

IT業界にエンジニアとして就職したいと思っています。

この前「IT土方」という言葉を聞いて少し不安になっています。 未経験者や高卒はIT土方になりやすいのでしょうか?

就職する際にIT土方を回避する方法や、 もしなった場合にそこから抜け出す方法を教えてください。

今回はこのような疑問に答えていきます。

せっかくITエンジニアとして就職しても、 実質IT土方として安い給料でこき使われるだけの人もいるのが現実です。 単純労働で長時間働いて、自分が消耗するだけですから、 出来れば避けたいですよね。

そこでこの記事では、IT土方の説明、IT土方を回避する方法や、 もしIT土方になってしまった場合に脱出する方法を紹介します。 この記事を読むとIT土方を回避・脱出するための具体的な方法がわかります。

IT土方とは

土方

IT土方とは、IT業界で末端の仕事をする人たちの事を言います。 「プログラマー」イコール「IT土方」ではなく、 もっと単純かつ地味で長時間作業をやらされる人達のことです。

例えばアプリのテストのために同じボタンを何回も押し続ける作業。 何台もの端末に同じアプリをインストールし続ける作業。 このような誰でも出来る単純作業に従事する人のことをいいます。

プログラマーがそうした単純作業もやるケースもあります。 ですがそれはプログラマーとしての仕事の一部分であって、全部ではありません。

IT土方と呼ばれる理由

IT土方と呼ばれる理由は、建設業界と産業構造が似ているからです。

建設業界は「ゼネコン」を頂点としたピラミッド階層になっていて、 下にいくにつれて2次受け、3次受けと続いて、 最底辺にいるひとを「土方」と呼びます。(下図)

建設業界産業構造

IT業界も同じようにピラミッド階層になっています。 頂点には「ITゼネコン」と呼ばれるNTT系列会社、富士通、NECなどの企業があります。 そして下に2次受け、3次受けと続いて最底辺は 「IT土方」と呼ばれます。(下図)

IT業界産業構造

このように、 建設業界とIT業界は構造が似ていることからIT土方という名前が付けられました。

IT土方はやっぱりきつい?

IT土方はきついです。 長時間拘束は当たり前ですから肉体的にもきついですし、 単純作業ですから精神的にもきついです。 肉体・精神両面からダメージを受けます。

それでいて仕事は3次受け、4次受けで中間マージンを搾取されていますから、 給料は少ないです。 残業も表向きは支給するようにしていても、 実際はほとんど支給されないような仕組みの会社が多くあります。

IT土方の末路はどうなる?

末路

IT土方を途中で抜け出せる人もいます。 しかし抜け出せない人の多くは残念ながら強制終了となります。

この場合の強制終了とは 「体を壊して辞めざるを得なくなる」という意味です。

20代の若いうちは体力がありますから、まだ大丈夫かもしれません。 ですが、30代ともなってくると20代の頃よりも体力が衰えてきます。 そしてIT土方という単純かつ長時間労働に、精神的にも肉体的にも耐えかねて、 身体を壊してしまうのがオチです。

まして40代でIT土方ともなると地獄でしかないと思います。 ですから何としても早いうちにIT土方からは抜け出しましょう。

IT土方とデスマーチの関係

デスマーチ

「デスマーチ」は直訳すると「死の行進」です。 IT業界では「厳しい労働環境にあるプロジェクト現場」 という意味で使われています。 人手が足りない、メンバー全員が長時間労働、 納期に間に合いそうになく全員がピリピリしている、 こうした殺伐とした空気のプロジェクト現場の事を言います。

プロジェクトを納入期限に間に合うようするために、 使われる手法の1つが人海戦術です。 そして人海戦術の要因として投入されるのが「IT土方」です。 この場合、主に単純作業のテスト要員として使われます。 そしてプロジェクトが終了するまで面倒な単純作業に従事させられます。

高卒や未経験者がIT土方になるとは限らない

「高卒や未経験者でIT企業に就職すると、IT土方にされやすい」 とよく言われますが、そうとも限りません。
学歴や経験・未経験よりも「会社」によります。

IT土方になるのはいわゆる「ブラック企業」です。 ブラック企業に入った場合はほぼほぼIT土方になってしまいます。

逆にホワイト企業に入ることができれば、 高卒や未経験でもIT土方にはなる確率は低いです。
ですから、大事なのはどの会社で働くかです。 選んだ会社で人生が全く違ってきます。

これから就職活動する人がIT土方を回避する方法

回避

この章では、これからITエンジニアになるための就職活動をする人向けに、 IT土方を回避する方法を説明します。

先程も述べたように、IT土方になるのは「ブラック企業」に就職してしまった人です。 ですから「ブラック企業」を回避することが最優先です。

ブラック企業を回避するには

就職という大事なイベントを迎えるにあたって、まず知っておいて欲しいのは 「自分一人の知識では限界がある」ということです。

ブラック企業に就職してしまう主な原因は「IT業界に対する無知」です。
自分で少し調べた程度の知識で、まともな戦略もなく、 何となく就職活動すると、ほぼほぼブラック企業行きです。 そうならないためにも、あなたより詳しい専門家を利用してください。

プログラミングスクールに通っている人や、通おうと思っている人は、 プログラミングスクールの就職・転職サポートを利用してください。

独学でプログラミングを勉強していて、 これから就職活動をしようと思っている方は、 転職エージェントを利用してください。

いずれの場合もあなたよりはるかにIT業界に詳しいアドバイザーが、 企業の選び方、履歴書の書き方、面接の受け方など、 就職活動するにあたっての戦略を教えてくれます。

IT業界に詳しい人のアドバイスを参考にしながら会社を選んでください。 そうすればブラック企業に就職する確率がかなり低くなります。 (絶対ないとは言い切れませんが)

要は、自分一人の知識には限界があることを自覚して、 「遠慮なく自分より詳しい人の力を借りましょう」ということです。

すでにIT土方になってしまっている人がそこから抜け出す方法

抜け出す

この章では、すでにIT土方になってしまっている人向けに、 IT土方から脱出する方法を説明します。

まずは今いる企業から抜け出す必要があり、 そのための選択肢としては次の2つがあります。

  • フリーランスになる
  • 転職する

フリーランスという働き方はITエンジニアにとって相性がいい働き方です。 しかし、IT土方として働いている人がいきなりフリーになるのは難しいと思います。 何故なら肝心なスキルがないからです。 フリーになるならしっかりとスキルを身につけてからなった方が良いでしょう。

転職する場合、IT土方として毎日長時間作業に追われている方は、 なかなか転職活動の時間が取れないと思います。 時間が取れない中でまともな業界知識や戦略もなく転職活動を行うと、 またブラック企業へ入ってしまいます。

そうならないためにも転職エージェントを利用することをおすすめします。 あなたよりもはるかに詳しい転職のプロが、 あなたが希望する条件に近い企業を紹介してくれます。

時間がない中で転職活動を成功させるには、 転職エージェントを利用するのが最も成功確率が高い方法です。

まとめ:IT土方はしんどい。回避または脱出しよう

IT土方になると単純作業を長時間、安い給料でやらされます。 そして最終的には体を壊して辞めざるを得なくなります。

IT土方を生み出しているのはブラック企業です。 ブラック企業に入らないためにも就職・転職活動を行う場合は、 転職エージェントなどのプロの力を積極的に利用しましょう。 自分一人でやるよりもはるかに成功する確率が高くなります。

タイトルとURLをコピーしました