30代・未経験からでもWebエンジニアになれる理由と最短ルート

30代・未経験者でもWebエンジニアになれますか?

現在30代です。これまでは営業職をやってきました。 将来を考えて、思い切ってWebエンジニアになりたいと思うのですが、 30代・未経験でもWebエンジニアになれるのでしょうか?
同時に、なるための最短ルートを教えてください。

今回はこのような疑問に答えていきます。

結論から言うと、30代・未経験者でもWebエンジニアになれますし、 現実になっている人がたくさんいます。
但し誰でもなれるわけではありません。 それなりに戦略や行動力が必要となります。

そこでこの記事では、 30代・未経験からでもWebエンジニアになれる理由と、 なるための最短ルートを紹介します。

この記事を読むと、 30代・未経験者がWebエンジニアになるためにやるべきこと、 やめておくべきことがわかり、具体的な行動指針が見えてきます。

30代・未経験からでもWebエンジニアになれる理由

Webエンジニア

30代・未経験者でもWebエンジニアに転職できる理由は、 「人手不足」や「学歴・経験を重視しない企業がたくさんある」からです。 順番に説明していきます。

かなりの人手不足

現在、WebエンジニアだけでなくITエンジニア全体が人手不足です。
現時点で17万人不足していると言われていて、 2030年には40万人から70万人くらい不足すると推測されています。

企業としては20代の若手を採用したくても、20代はどこの会社からも引っ張りだこです。 ですから30代・未経験の人でも「すぐに戦力になる」 と判断できるなら採用されます。

学歴・経験を重視しない企業がたくさんある

多くの人が知っているような有名大企業は別として、 学歴や経験を重視していないIT企業はたくさんあります。

人手不足も関係していますが、学歴や経験を重視していると、 思うように人が集まりません。
そこで「Webエンジニアとして戦力になりそうな人材をまずは確保して、 会社で教育することで育てていこう」という方針の会社はたくさんあります。 ですから30代・未経験でも就職可能です。

とはいえ20代・未経験者よりはハードルが高い

企業が人材として一番欲しがるのはやはり若い人です。 同じような能力の20代・未経験者と30代・未経験者が採用試験を受けた場合は、 20代・未経験者の方が採用される確率が高いのは当然です。

ですから、これまでの社会人生活で得た経験をもとに、 積極的に行動する必要があります。 Webエンジニアへの転職は十分可能ですけど、のんぴりしている暇はありません。

Webエンジニアがおすすめな理由

Webエンジニア

働き方が自由

Web業界は起業してそれほど年数が経っていない会社が多く、 新しいことを取り入れやすい土壌があります。

リモートワークやビデオチャットなどはその一例です。
リモートワークを取り入れている企業なら、 地獄のような満員電車で通勤する必要もありません。 会議もビデオチャットを導入すれば無駄な移動時間を大幅に削減できます。

Webエンジニアにとって大事なのは成果物です。 成果さえきちんと出せれば自由に働きやすい条件や環境がそろっています。

フリーランスとして独立も見える

WebエンジニアだけでなくIT業界はフリーランスとして働く人が多い業界でもあります。 「PCさえあれば仕事ができる」という利点がありますし、 社会的な環境もそろっています。
クラウドソーシング、SNS、フリーランス用エージェントを利用することで フリーランスとして活動していけます。

ルートとしては、まずはWebエンジニアとして企業に就職して、 数年実務経験を積んだ後に独立するのが王道のルートです

30代・未経験からWebエンジニアへの転職を成功させるポイント

転職
30代・未経験から転職を成功させるにあたって、 いくつかポイントがあるので紹介します。

相手の視点に立つ

どんな仕事をするしても相手の視点に立つことは大事です。

企業側からすると 「30代・未経験の人を雇っても大丈夫かな?」 という不安があります。 その不安を払拭するための情報を相手に提供しましょう。
今現在の取り組み、これまでの仕事の経験で得たこと、 Webエンジニアになることへの熱意等を相手に伝える必要があります。

自分が何を話したいかよりも、 相手がどんな情報を欲しがっているかを考えてみて下さい。 それが相手の視点に立つ1つの方法です。

長期的な視点に立つ

30代から未経験のWebエンジニアとして就職するとなると、 人によっては給料が下がる場合もあります。
ですが一社目は妥協して、二社目で給料アップを勝ち取ることも可能です。

大事なのは一社目に就職してからです。 スキルアップを継続してください。 そうすることで次は経験者かつ高スキルの持ち主として転職活動ができます。 そうすると条件が全然違ってきます。

仮に一社目の給料が低くても、 「お金をくれて勉強させてくれるありがたい会社」 と割り切って、スキルアップに励んでください。

世の中に会社はいくらでもあります。 1つの会社にこだわるのではなく、 長期的な視点で考える必要があります。

行動力

転職には行動力が必要となります。
就職活動はもちろんですが、 それ以外でもいろんな行動があります。

  • プログラミングスクールに通う
  • 疑問を解決する
  • 成果物を作成する
  • エージェントに登録する
  • 面接を受ける

これらの行動を主体的に起こしていく人が 30代・未経験でもWebエンジニアになれる人です。
情報も必要ですけど、情報が多すぎて身動きがとれなくなるのは本末転倒です。 一番大事なのは行動力です。

資格は取った方がいいのか?

資格

資格は持ってるにこしたことはありません。 ですが転職するために新たに資格を取るのはやめた方がいいです。 ただでさえ30代・未経験の方は時間がありません。 その時間を就職活動や成果物を作ることに充ててください。

転職あたって企業が重視するのは資格よりも 成果物です。 自分は何ができるのかを成果物で証明する必要があります。

資格が欲しければ、会社に入ってから取ればいいだけです。 就職するために資格取得に時間を費やすのは、 残念ながら方向がずれています。

30代・未経験からWebエンジニアになるための最短ルート

最短ルート

30代・未経験からWebエンジニアになるためのルートは2つあります。

  • プログラミングを独学して転職
  • プログラミングスクールを利用して学習+転職

1番目の「独学」はおすすめしません。なぜなら時間がかかりすぎるからです。 あなたが20代前半で時間が有り余っているなら独学でもいいと思いますが、 30代・未経験からWebエンジニアを目指すための 独学は時間的にかなり難しいです。

最短ルートは「プログラミングスクール」を利用しての学習+転職です。 プログラミングスクールの中でも 「転職サポート」があるスクールを選んでください。 そして転職サポートを受けながら転職活動を進めていきます。 このやり方が最も効率の良い方法です。

おすすめのプログラミングスクールとコース

仕事をしながらプログラミングスクールに通学するのは難しいと思います。 ですからオンライン型のプログラミングスクールがおすすめです。 オンライン型プログラミングスクールの中でも一番のおすすめは「 TechAcademy 」です。

「プログラミングスクールに通ってエンジニアに転職した」 という体験談を見ていると、 「TechAcademy」に通ってたという方を多く見かけます。 プログラミングのコースも豊富にあって、転職サポートも充実しています。 オンライン型ですからどこに住んでいても学ぶことができます。

Webエンジニアになるなら「Webアプリケーションコース」を受講します。 Ruby on Railsで独学のアプリケーションを作るコースですから、 ポートフォリオとしての自分の成果物が作成できます。

転職サポートもついていますから転職のアドバイスを受けて、 企業を紹介してもらい、転職活動をします。

もし「TechAcademy」を知らない方は、一度ホームページを見てみることをおすすめします。

TechAcademy [テックアカデミー]

まとめ:30代・未経験からでも大丈夫、ただし時間は有限

30代・未経験者でもWebエンジニアになることは十分に可能です。 ただしゆっくりしている時間はありません。

★ 転職を成功させるには「相手の視点に立つ」「長期的な視点にたつ」「行動力」 がポイントとなります。

★ Webエンジニアになるための最短ルートはプログラミングスクールで学習して 転職支援を受けることです。スクールの中でもおすすめは「TechAcademy」です。

タイトルとURLをコピーしました