プログラミングを学んだけど作りたいものがない場合の対処法

プログラミングの入門レベルは一通り学習しました。

次は何か作ろうかな?と思ったときに、 特に「作りたいものがない」ことに気づきました。
それ以降プログラミングに対するモチベーションが少し下がり気味です。 どうすればいいでしょうか。

今回はこのような疑問に答えていきます。

プログラミングを学習したけど「作りたいものがない」 と言って悩んでいる方が結構います。
結論から言うと「一休み」のような状態なのであまり気にする必要はありません。 次の目標さえ見えればまたモチベーションも上がります。

そこでこの記事では、 プログラミングで作るものがない原因と、 次なる目標の立て方について説明します。
この記事を読んだ後は、次のステップへ進むための具体的な方法が見えてきます。

プログラミングで作りたいものがない原因

小休止

小休止状態なのであまり気にしなくてもいい

今の時点で作りたいと思うものが無くても、 別に気にしなくて大丈夫です。
入門レベルの学習が終わって、小休止している状態です。 階段でいうと踊り場にいるようなものです。

これまでは入門レベルをマスターすることを目標にやってきて、 その目標が達成できればモチベーションが下がるのは普通のことです。

目標ができればまた動き出せる

新たな目標が見つかればまた自然と動き出せますし、 作りたいものも出てきます。

ただし何もせずにじっとしていて、 作りたいものが出てくることはありません。 自分からアクションを起こすことが必要です。

次の章で作りたいものが見つかるようになる 具体的な方法を紹介します。

作りたいものがない場合の対処法

具体的には次のような方法があります。

  • 模写コーディング
  • チュートリアル
  • 周囲の人の問題を解決してあげる
  • クラウドソーシングサイトで仕事を見てみる
  • Udemy
  • アイデアの作り方を学んでみる

順番に説明していきます。

模写コーディング

Webプログラミングの入り口として、 まずはHTML・CSSから学んだ方は多いと思います。

そうした方の次のステップとしてはサイトの模写コーディングがおすすめです。 模写コーディングとはサイトをそのまま再現することです。 あくまで練習なので、それを公開したりするのはもちろんダメです。

模写するサイトはどこでも構いません。 最初は簡単なサイトから初めて、徐々に難易度を上げていくのがいいでしょう。 出来るだけ忠実に再現してみてください。

やってみればわかりますが、結構難しいです。 入門レベルの知識ではなかなか進まないと思います。

わからないところをネットや書籍などで調べて解決、 またわからないところを調べて解決、これの繰り返しです。 すると、それまでバラバラに学んでいた知識が少しづつ繋がり始めます。

きれいなデザインのサイトを自力で再現できると、 自信にもつながります。 ですからHTML・CSSを学んだ次はサイトの模写コーディングをやってみてください。

チュートリアル

チュートリアルをやってみるのもおすすめの方法です。
Rubyをやっている方でしたら 「Ruby on Rails チュートリアル」という有名なチュートリアルがあります。

チュートリアルはネット上にたくさんありますから、 検索する場合は「Ruby チュートリアル」「PHP チュートリアル」や、 「Ruby 掲示板 作り方」「PHP メールフォーム 作り方」など 「チュートリアル」「作り方」といったワードを入れて検索すると出てきます。

周囲の人の問題を解決してあげる

あなたの家庭や職場の周りの人に、 何か困っていることがないか聞いてみてください。

「こんなプログラムが欲しい」「ホームページを作りたい」 「ホームページを改善したい」など、 要望があればそれを引き受けてみてください。

あなたの周りの人の問題を解決してあげることで、 あなたのスキルや信頼性もアップします。一石二鳥です。

クラウドソーシングサイトで仕事を見てみる

クラウドソーシングサイトでどんな仕事があるのかを見てみるのもおすすめです。 クラウドソーシングは仕事を依頼したい人と、 仕事をしたい人を結びつけるマッチングサイトです。

有名なクラウドソーシングサイトとしては 「クラウドワークス」「ランサーズ」などがあります。

こうしたサイトでどんな仕事があるのかを見ると世の中のニーズがわかり、 ニーズがわかれば自分が次に何をすればいいのかが見えてきます。

実際に「クラウドワークス」でどんな案件があるのかを見てみます。

■ ホームページ作成案件
ホームページ作成

■ Railsによるシステム開発案件
Railsシステム開発

■ Androidアプリ開発案件
Androidアプリ開発

クラウドソーシングサイトには、このような案件がたくさんあります。 眺めているとどんな技術が求められているのかがわかりますから、 一度見てみることをおすすめします。

もちろん、実際に仕事を請けてみるのもOKです。 (それが一番自分のスキルアップにつながります)

クラウドワークス

Udemy

Udemy

Udemyは世界最大級のオンライン学習プラットフォームです。 世界で4,000万人以上の受講生と10万以上の講座があり、 特にIT系の講座が充実しています。

動画講座を買って自分で学習する」というイメージです。 講座には無料講座と有料講座があり、有料講座でも冒頭は無料で見れたりします。

Udemyには次のような特徴があります。

  • 圧倒的な講座数(IT系が充実)
  • スマホでも見れる
  • 頻繁にセールが行われている
  • 無料講座もあり
  • 直接行使に質問することもできる

自分が学んでいる言語のチュートリアルの講座を探してやってみると良いでしょう。
セールを頻繁にやっていて、良質な講座がセール時には千円程度で購入できますから、 買うときはセール期間中に買わないと損です。

講座の数が多く、もちろん当たりはずれがありますから、 事前にレビューをしっかりチェックしてください。

日本だけではなく世界規模のプラットフォームですから、 日本語よりも英語の講座の方が多くあります。 「英語の勉強も同時にやりたい」という方は英語の講座を見ると一石二鳥です。

チュートリアルの動画を見ることで、具体的なものの作り方がイメージできます。 入門レベルを終えた方が次のステップへ進むための教材としてUdemyはとてもおすすめです。

Udemy

アイデアの作り方を学んでみる

そもそも「アイデアの作り方がわからない」という場合は、 おすすめの書籍があります。

アイデアのつくりかた
アイデアのつくり方
ジェームス W.ヤング (著)
単行本: 102ページ
出版社: CCCメディアハウス (1988/4/8)

「アイデアは既存の要素の新しい組み合わせ」 これがこの本のエッセンスです。

アイデアを生み出すための方法を5つのステップに分けて 解説しています。

100ページ程度の薄い本で解説部分が40ページあるため、 実質は60ページ程の分量です。
1時間もあれば読み終えられる内容ですけど、 その中にアイデアを生み出すエッセンスが凝縮されています。

1940年に発行され以降(原著)、多くのクリエイターやビジネスマンに読み継がれてきた ロングセラー書籍です。

まとめ:プログラミングで作りたいものを見つけるには自分から動く

「作りたいものがない」場合の対処法についていくつか紹介してきました。

まずは「チュートリアル」を検索してみる、 クラウドソーシングサイトの案件を見てみる、 「Udemy」のサイトを見てみる等の 小さな行動から始めてください。 何かしらの行動を起こせば次が見えてきます。

タイトルとURLをコピーしました