スマホアプリ開発が学べるプログラミングスクール

スマホアプリの開発が学べるプログラミングスクールを探しています。

プログラミングスクールは結構高額ですから選択に失敗したくありません。 選択基準や費用、学ぶプログラミング言語、 おすすめのスクールなどを教えてください。

今回はこのような疑問に答えていきます。

スマホアプリの開発をスクールで学習したいという方は結構います。 独学で学ぶよりもはるかに効率的に学べます。 ですが選択肢たくさんあって、 どこで学べばいいのか迷いますよね。

そこでこのページでは、 iPoneやAndroidのスマホアプリの開発を学びたい方向けに、 プログラミングスクールを選ぶポイントや受講料、 OSごとの言語の違い、おすすめスクールを紹介します

アプリ開発の種類(iPhone・Android)と開発言語

スマホアプリ

スマホアプリと言っても 「iPhoneアプリ」と「Androidアプリ」では開発言語が異なります。

iPhoneはAppleが作っていて、AndroidはGoogleが作っていますから、 開発コンセプトも開発手法も異なります。
iPhoneは「Swift」というプログラミング言語を使い、 Androidは「Java」か 「Kotlin」というプログラミング言語を使って アプリを開発します。

次にそれぞれの言語について説明していきます。

iPhoneアプリ開発なら「Swift」

Swift

iPhoneアプリを開発する場合は「Swift」を使います。

Swiftは2014年にAppleが発表した言語です。 それまでは「Object-C」という言語が使われていましたが、 難易度が高く学習コストが高くついていました。 そこで新たに Swift を開発しました。

Swiftの特徴はシンプルで書きやすく、読みやすいことです。 さらにSwiftを使えばiPhoneだけでく、 iPadやアップルのPC、ノートPC用のアプリも作成できます。

Androidアプリ開発なら「Java」か「Kotlin」

Java Kotlin

Androidアプリを開発する場合、 プログラミング言語の選択肢は2つあります。
1つはこれまでに長く使われてきた「Java」、 もう一つは新しい言語「Kotlin」です。

Javaについては超メジャーなプログラミング言語なので 説明するまでもないと思います。

Kotlinは2011年に発表された言語で、 Javaをもっと安全・簡潔にしたプログラミング言語です。
2017年にGoogleがAndroidの正式な開発言語として Kotlinを指定してから人気が高まっています。

iPhoneとAndroidのシェア率

2020年1月時点でのスマートフォン比率は次の通りです。

  • iPhone: 56.7%
  • Android 43.3%

参考ページ: webrage

過去にはiPhoneが70%近い割合を占めている時もありました。 しかし現在は60%を割るような状態になっています。 日本ではまだまだiPhoneのシェアが高いのですが、 世界的にはAndroidのシェアが高い国の方が多いようです。

ですから、日本国内をターゲットにしたアプリを作成する場合は、 iPhoneアプリでいいと思います。
ですが日本だけでなく世界をターゲットにしたアプリを作成する場合は、 Androidアプリの方がおすすめです。

スマホアプリ開発が学べるスクール選びのポイント

スマホアプリ開発が学べるプログラミングスクールを選ぶポイントとして、 次のような点を事前に決めておくと選びやすくなります。

  • 学べる言語(Swift・Java・Kotlin)
  • オンライン型・オフライン型(通学型)
  • 料金(期間)
  • 講師の質(現役エンジニアかどうか)
  • 就職支援の有無

各校によって特徴がありますから、 自分なりに優先順位をつけておくと良いでしょう。

【言語別】アプリ開発が学べるプログラミングスクール一覧

プログラミングスクールによって学べるコースや言語が異なっています。

特にAndroidアプリを作成する場合、 プログラミングスクールによって教える言語が違っています。
そこでどのスクールがどの言語を教えているのかがわかる一覧を作成しました。

SwiftJavaKotlin
TechAcademy
CodeCamp
KENスクール
Winスクール
リナックスアカデミー

上の表を見ると、一番多いのがJavaによるAndroidアプリ作成です。 KotlinでのAndroidアプリ作成は選択肢が限られているのが現状です。

Javaを教えられる人はたくさんいても、 Kotlinを教えられる人が少ないのが原因でしょう。 今後はKotlinを使ったAndroidアプリ開発コースが増えていくと思われます。

スマホアプリ開発におすすめのプログラミングスクール

iPhoneアプリ、 Androidアプリの開発が学べるプログラミングスクールを紹介します。

TechAcademy(オンラインスクールとして人気No.1)

TechAcademy

TechAcademyはオンライン型で人気のあるプログラミングスクールです。

現役エンジニアによるマンツーマンサポートを受けることができ、 全てのコースで転職サポートもついています。

コース料金(税別)期間
iPhoneアプリコース139,000円~4週間~
Androidアプリコース139,000円~4週間~

TechAcademyには「学割」があり、学生さんは2割程度安い料金で受講できます。 さらに、複数のコースを受講する「セット割り」という割引制度もあります。

iPhoneアプリコースでは4つのアプリを作り、 オリジナルアプリをAppStoreで公開する所まで学べます。

Androidアプリコースでも4つのアプリを作って、 オリジナルアプリをGoogle Playでで公開する所まで学べます。 プログラミング言語は「Kotlin」です。

興味のある方は、まずは無料説明会や無料体験に参加してみてください。

TechAcademy 公式サイト

CodeCamp(オンライン・マンツーマン指導)

CodeCamp

CodeCampはオンライン完結型で、 現役エンジニアによるマンツーマンレッスンを受けることができます。
これまでの受講者数は20,000人以上で、 300以上の企業研修プログラムにCampCodeが採用されています。

コース料金(税別)入学金期間
アプリマスターコース148,000円~30,00060日間~

CodeCampの特徴は1つのコースで iPhone/Android両方のアプリ開発が 学べる点です。 iPhoneアプリはSwiftを、AndroidアプリはJavaを使います。

ニュースリーダーアプリやカメラアプリなどを課題として作り、 最終的には自作のアプリ公開を目指します。

無料体験ができますので、興味のある方は参加してみてください。

CodeCamp 公式サイト

KENスクール(就職に強い通学型スクール)

KENスクール

KENスクールは通学型で、 開校してから30年の実績があります。 校舎は関東、東海、関西、北海道、九州にあって、 得意としているのが「IT業界未経験者の就転職」です。

コース受講料受講期間受講時間
Androidアプリ開発パック198,000円6カ月64時間
Androidアプリ開発講座92.000円3カ月24時間
iPhoneアプリ開発講座92.000円3カ月24時間
iPhone & Androidアプリ開発コース272,000円6カ月88時間

iPhoneアプリはSwiftを、AndroidアプリはJavaを学びます。 コースが複数あるため、自分の好みに合わせて選べます。

KENスクールでは「資料請求」や「個別カウンセリング」「無料体験レッスン」 を受けることができます。興味のある方は申し込んでみてください。

KENスクール 公式サイト

Winスクール(全国各地で展開している)

Winスクール

Winスクールは北海道から九州まで全国各地に50校以上も校舎がある 通学型のスクールです。 受講生は年間 17,000人以上、企業研修は年間1,500社以上の実績があります。

コース受講料(税別)入学金受講期間受講時間
Androidアプリ開発108,000円18,000円2か月20時間
Androidアプリクリエイター238,000円18,000円6ヶ月55時間

現時点ではAndroidアプリのみになります。 プログラミング言語はJavaを使います。

Winスクールでは「資料請求」や「無料体験・説明会」を受けることができます。

Winスクール公式サイト

リナックスアカデミー(資格取得に強い)

リナックスアカデミー

リナックスアカデミーは通学型のプログラミングスクールで、 東京と横浜に校舎があります。

資格取得に強く、プログラミング言語はJavaに力を入れています。 ですからJavaを使ったAndroidアプリ作成のコースのみでiPhoneアプリのコースはありません。

コース受講料(税別)受講時間
Androidアプリ開発コース125,000円25時間
Androidアプリ開発プロ養成コース330,000円80時間
Androidアプリエンジニアコース640,000円150時間

リナックスアカデミーでは「資料請求」や「無料個別カウンセリング」「授業体験セミナー」 を受けることができます。興味のある方は申し込んでみてください。

リナックスアカデミー 公式サイト

まず何をやればいいのか

道

プログラミングスクールの授業料は決して安くはありません。 ですから、まずは無料説明会や無料体験会に参加しましょう。 そうすれば、ネットではわからなかった情報がわかります。

そして十分に比較・検討したうえで、 どこで受講するかを決めるようにしてください。

具体的な行動

もしあなたがオンライン型を希望しているなら、 「TechAcademy」の無料体験申込や無料説明会動画閲覧がおすすめです。

TechAcademy 公式サイト

もし通学型を希望しているなら、 KEN「スクール」の資料請求や無料体験申込がおすすめです。

KENスクール 公式サイト

あなたの人生を豊かにするのは「知識」ではなく「行動」です。 まずは小さな一歩から始めてみませんか。

タイトルとURLをコピーしました