プログラミングのメンターの探し方&見つかるWebサービス

今、プログラミングを独学で学習しているのですけど、 結構行き詰っています。 状況を打開するために プログラミングのメンターを探そうと思っています。

メンターはどこで探せばいいのでしょうか。 あと選ぶポイントや、 指導料金の相場についても教えてください。

今回はこのような疑問に答えていきます。

プログラミングをメンターに教わりたいと思っている人は多いようです。
でもどこで見つけるのか、どれくらいのお金がかかるのか等、 わからないことが多くて諦めるている人がたくさんいます。

そこでこのページでは、 プログラミングのメンターの探し方や、 選ぶ際に気を付けたいこと、 メンターが見つかるWebサービス などについて紹介します。

プログラミングのメンターの必要性

メンター

何かを新しく学習しようとする時には指導者がいると助かります。
プログラミングでもメンターがいた方が良い理由 は次の通りです。

  • 独学の挫折率は90%
  • 進むべき道を示してくれる
  • 業務知識を教えてくれる

これらの項目を順番に説明していきます。

プログラミング独学の挫折率は90%

プログラミングの独学の挫折率はとても高く、 90%の人が挫折すると言われています。
何故なら、乗り越えなければならない壁がたくさん出てくるからです。 特に最初の方で壁がいくつも出てきます。

新しい用語や概念を覚えたり、環境構築、 デバッグのやり方など、わからないことだらけです。 特にバグを修正するのに何時間も費やしたり、 丸一日かかったりすることもあります。 多くの独学者はこの初期段階で心が折れてしまいます。

ですが、メンターはすでに壁を乗り越えた人ですから、 どうすれば前に進めるかを教えてもらえます。 その結果、挫折する確率がかなり低くなります。
特にプログラミング学習の初期段階でメンターがいると、 助かることが多くあります。

進むべき道を示してくれる

プログラミング初心者のうちは、 学習していても自分の現在地がわかりません。 自分がどれくらいのレベルで何が足りないか等。

メンターがいれば、あなたの現在地やこれから学習すべきことを教えてくれます。 メンターはあなたが歩む道をすでに歩んできた人だからです。

技術レベルや欠けている知識、押さえておきたい最新の知識など、 あなたが学習するべき道を見せてくれます。
自分がどの方向に進めばいいのかがわかると、 自信を持って前に進めます。 暗闇の中を手探りで進むのとは大違いです。

実践で役立つ知識を教えてくれる

メンターは書籍やネットでの学習ではわからない、 実践で役に立つ知識を教えてくれます。
これまでの自分の経験を通して得た実践的な知識であって、 机上の理論ではありません。
例えば次のようなものです。

  • 実際に開発している環境(ハードウェアやOSなど)
  • 使っているツール(IDEやエディタなど)
  • プログラミング以外でも必要な知識(ドキュメントの書き方等)

こうした実践的な知識を教えてもらうことで、 どんな環境やツールを使って開発すれば良いかが具体的にイメージできるようになります。

プログラミングのメンターを選ぶ際のポイント

チェックポイント

やみくもに探すよりも、 自分なりの基準を決めてから探した方が、 あなた合った指導者が見つかりやすくなります。

お金や指導内容のことなども事前にはっきりさせておかないと、 後々嫌な思いをすることになるかもしれません。

以下で プログラミングのメンターを選ぶ際に気を付けておきたいポイント を解説していきます。

料金や指導方法など

お金や指導方法に関してポイントとなるのは次のような点です。

  • 料金(予算)
  • 指導期間や回数
  • 指導方法(メール・スカイプ・チャット)
  • 学習教材の有無

お金や指導期間、指導方法はいずれも重要な点ですから、 事前にはっきりとしておきましょう。 後から「話が違う」とならなくて済みます。

自分の学びたい分野の専門家かどうか

当たり前ですけど、 メンターが自分の学習しようとしている分野に詳しいことが大事です。 たまにですが詳しいふりをしている困った人もいます。

詳しくなければ教わる意味がないですし、お金と時間の無駄ですから。
自分の学びたい分野について詳しいかどうかは、実績を聞いてみると良いでしょう。 実績のある方ならちゃんと答えてくれるはずです。 ここで答えを濁すようならやめといた方がいいです。

現役エンジニアかどうか

メンターとして「現役エンジニア」を希望するのか、 どうかを事前に決めておきましょう。

「現役エンジニア」、 「現役エンジニアではないけど、あなたより詳しい人」 それぞれにメリットデメリットがあります。

現役エンジニアのメリットは次のような点です。

  • 現場で使っている実践的な内容を教えてもらえる
  • 現場でのトレンドを教えてもらえる
  • 実際の仕事内容や職場の様子なども教えてもらえる

デメリットとしては次のような点です。

  • 技術的に詳しくても教え上手とは限らない
  • 指導料が高い
  • 指導してもらえる時間が限られている

こうした点を考慮して、 現役エンジニアに教えてもらいたいのかどうかを決めておきましょう。

ブログやツイッターで情報発信しているかどうか

jQuery

メンター候補の人がブログやツイッターなどで情報発信している場合は、 見ておきましょう。人となりや、どんな分野に詳しいかがわかります。

発信している文章をみれば、説明が上手かどうかもわかります。 文章というのはその人そのものです。 判断材料としてとても参考になるので、SNSなどがあれば確認しておきましょう。

評判や口コミを確認する

Webサービスによってはメンターの評判や口コミがありますから、 事前にチェックしておきましょう。
他人の口コミや評価というのは、絶対ではありませんが参考にはなります。

後で紹介するMENTAやココナラ、クラウドワークスといったWebサービスなら 口コミや評価を見ることができます。

プログラミングのメンターの探し方

探す

プログラミングのメンターの探し方 は大きく分けて2つあります。 Webサービスなどのオンラインと職場などのオフラインで探す方法です。 それぞれについて説明します。

Webサービス(オンライン)でメンターを探す

MENTA

MENTA

MENTA はオンラインでのメンター探しに特化したWebサービスです。 元々エンジニアをやっていた方が、こんなマッチングの仕組みがあったらいいなと 思って作ったサービスです。
MENTAには次のような特徴があります。

  • エンジニアが多数在籍している
  • レビュー機能がある
  • 価格は月数千円~1万円程度のものが多い
  • プログラミングスクールより安い

まずはMENTAのサイトを見てみるといいと思います。

ココナラ

ココナラ

ココナラ は知識・経験・スキルのマッチングサービスです。 占いやカウンセリング、IT技術など多くのサービスが売られています。
ココナラには次のような特徴があります。

  • プログラミングのスキルも数多く販売されている
  • 金額は最低500円から最高50,000円まで
  • 評価システムがあるため、事前に評判がわかる
  • 電話サービスは100円/分と高額

ココナラはメンター探しに特化したサービスではありません。 いろいろな経験・知識・スキルが販売されているため、 探す場合はココナラのサイト内検索で「プログラミング 指導」 などのキーワードで検索すると良いでしょう。

ココナラはコチラ

クラウドソーシング

クラウドソーシングは仕事を依頼したい人と、仕事をしたい人を結び付ける マッチングサービスです。
有名なクラウドソーシングサイトとして 「クラウドワークス 」や 「 ランサーズ」などがあります。 クラウドソーシングには次のような特徴があります。

  • フリーランスが多数登録している
  • 自分で依頼をかける
  • 価格を自分で設定できる

通常、クラウドソーシングは仕事の依頼をするサービスです。 (例えばホームページ作成など)
ですが、メンター募集をかけるためのサービスとしても使えます。 先に紹介したサービスよりもハードルは高いと思いますが、 知っておいて損はありません。

プログラミングスクール

プログラミングスクールは、お金は一番かかりますけど、 メンターを見つけるには一番手っ取り早くて確実な方法です。 スクールの特徴は次の通りです。

  • 自分で探さなくて済む
  • スクール側が要求する一定水準レベルを満たしている
  • メンターを途中で変えることもできる
  • プログラミングだけでなく就職・転職専用のカウンセラーがいる場合がある
  • 教材も用意されている
  • 費用がかかる

プログラミングスクールは1カ月10万近い金額がかかる所もありますから、 お金に余裕のある方向けです。 但し、自分で探す手間暇が省けるのは大きなメリットです。

オフラインでメンターを探す

会社の尊敬できる先輩【これが最強】

もしあなたがエンジニアとして会社で働いていて、 職場に尊敬できる先輩がいるなら、 その方に教えてもらいましょう。個人的には この方法が最強だと思っています。

職場で多くの時間接していれば、 自分のレベルをきちんと把握してもらえます。 ですから、ピンポイントで自分にとって 必要なアドバイスを受けることができます。

大事なのは相手に対するリスペクトです。 尊敬されて嫌がる人はいませんから。 そして与えてもらうだけではなく、 雑用を積極的に手伝うなど。 あなたから相手に与えることも忘れないでください。

勉強会

企業や団体、個人などで独自に主催しているプログラミングの勉強会があります。 そうした勉強会に参加して、この人から教わりたいと思ったら頼んでみるといいでしょう。

顔を突き合わせて教えてもらえる方が、 表情や声のトーンなどからいろんなニュアンスがくみ取れるため、 オンラインよりも分かりやすいというメリットがあります。

プログラミングの勉強会や交流会などに参加してみるのも1つの方法です。

タイトルとURLをコピーしました