「プログラミングは簡単」は嘘だけど、努力を継続すれば簡単になる

「プログラミングは簡単」という話をよく聞きます。 あるマーケターさんが 「プログラミングは簡単だから誰でもできる。 3カ月もやれば何十万円も稼げるようになる」 といった話をしていました。 でも何か違和感を感じます。

本当にプログラミングは簡単なのでしょうか?

今回はこのような疑問に答えていきます。

結論から言うと、 最初から「プログラミングは簡単」というのは嘘だと思います。 ですが地道に努力を継続するとだんだん簡単になるのは本当です。

世の中には極端な意見が出回っているため、 混乱するのも無理はありません。
そこでこのページでは「プログラミングは簡単」というのが嘘な理由と、 それでも経験を積めば簡単になっていく理由を説明します。

「プログラミングは簡単」が嘘な理由

「プログラミングは簡単」は嘘

まずは「プログラミングは簡単」が嘘だと言える理由を紹介します。

プログラミング独学の挫折率は90%

プログラミングを始める人の多くは、 まずは独学から入ると思います。

ところがプログラミング独学の挫折率は90%とも言われています。 簡単なら挫折率はそれほど高いはずがありません。

学び始めの頃はわからないことだらけです。 プログラミング環境を構築することから始めて、 作成したプログラムを実行してもエラーがたくさん出て、 1つのバグを潰すのに何時間もかかる。 これが普通です。

こうした大変さに心が折れて、挫折する人がほとんどです。 独学だと難しいからこそ、プログラミングスクールがたくさん存在していて、 挫折した方が救いを求めてプログラミングスクールの門を叩きます。

プログラミングが簡単なら、高給での求人募集はない

求人募集

多くの方はプログラミングでお金を稼ぐことを前提としていると思います。 ですから趣味でとどまる人は別として、仕事としてのプログラミングを考えてみます。

仕事が難しいか簡単かの目安の1つとして「給料」があります。 誰でもできて簡単な仕事は総じて給料が安いです。
逆に誰でもできなくて難しい仕事は給料が高い傾向にあります。 (医者や弁護士などがその例です)

求人募集をみていると、高給でITエンジニアを募集している企業がたくさんあります。 月60万円、月80万円など、今はエンジニア不足もあって平均よりも給料は高めです。

もし誰でもできる簡単な仕事で月60万円もらえるような求人があれば、 応募が殺到します。というかその前にそんな求人はありません。
誰にでもできない専門職だから、平均よりも高い給料で求人募集がされています。

熟練者は、自分が初心者だった頃の苦労を忘れている

経験を重ねたエンジニアが「プログラミングは簡単」と言うときは、 その多くは「(今の自分にとって)」という言葉が抜けています。

初めは多くの方が苦労したはずです。 ですが、出来るようになると昔の自分のことは忘れてしまいます。 現在の自分を基準にして「プログラミングは簡単」と言っているのです。
ですから初心者にはあまり参考になりません。

プログラミングが最初から簡単なのは、ほんのひと握りの人だけ

センス

先程多くの方が始めは苦労したはず、と書きました。 ですが、世の中にはプログラミングのセンスがあって、 最初から簡単にプログラミングが出来てしまう人もごく一部ですが存在します。

私の知っているエンジニアの方の話ですが、その人はエンジニアになって2~3年で 10個ぐらいのプログラミング言語をを自在に操って仕事をしていました。

そうしたセンスのある方は決まってこういいます 「プログラミングは簡単」
ですがこのような方はほんのごく一部ですから、 センスのある人を目の当たりにして「自分はセンスがない」と凹まないようにしてください。

マーケターのビジネス戦略

マーケターは自分のビジネスの間口を広めるために 「プログラミングは簡単」という考え方を広めようとします。

多くの人は「手っ取り早く、簡単に」という方へ流されてしまいます。
ですから「プログラミングは難しい」と思われてしまうと、 それだけで人が離れてしまいます。 敷居を低くして人を多く集めるためには「簡単」というのが一番良いのです。

「プログラミングは簡単なので誰でもできます。 私の教材を購入すると3カ月で何十万円も稼げるようになります!」
くれぐれもこんな言葉を真に受けないようにしてください。

プログラミングは簡単ではないけど、努力を継続すれば簡単になっていく

努力を継続

多くの人が簡単になる前に挫折する

多くの人は、自分がプログラミングにかけた時間に応じて (比例的に)プログラミングの能力が向上するものを思っています。 ですがプログラミングの学習時間とプログラミングの能力は比例しません。

特に最初の方は伸びが低いのです。 なかなか伸びずに停滞期間が長いため、 そこで多くの人が「全然ダメだ」と思って挫折します。

時間をかけて経験を積むと簡単になっていく

停滞期に挫折せずに努力を継続した人は、 そのうち自分なりのコツを掴めるときがやってきます。

自分なりのコツを掴めるようになるまでに、 どれくらいの期間がかかるかは人それぞれです。 1年の人もいれば、2年の人もいます。 ある程度の時間が必要なことは確かです。

コツを掴むことができれば後はどんどん簡単になっていきます。 こうなると「プログラミングは簡単」と思えるようになっています。

簡単か難しいかは自分でやってみればわかる。行動しよう

行動

プログラミングが簡単か難しいかは人それぞれです。 その人のセンスや経験値によって変わってきます。

大事なのは「自分にとってどうなのか」です。 それは行動を起こすことでしかわかりません。
プログラミングをやってみようか迷っている方は、 ぜひ行動を起こしてみて下さい。そうすればわかります。

自分なりに納得できると他人の意見に左右されなくなります。

タイトルとURLをコピーしました