PHPの独学は難しくない|学習の順番・サイト・本を紹介

PHPをマスターしたいと思っています。 でも独学は難しいという話をよく聞きます。 初心者でも独学可能でしょうか?

独学でやる場合、何をどういう順番でやればいいのかを知りたいです。
あと参考になるサイトや書籍、 初心者がつまづきやすい所等があれば教えてください。

今回はこのような疑問に答えていきます。

PHPはWebサービスを作ってみたい方や、 Webエンジニアを目指す方などにおすすめの言語です。

PHPはWeb系のサーバーサイドプログラミング言語として人気があって、 プログラミング言語の中では習得しやすい言語です。
ですが独学するのは難しいのでは? と思っている方も多くいるようです。

そこでこのページでは PHPの独学が難しいと思われている理由や、 独学での学習方法、手順、おすすめのサイトや本などを紹介します。

PHPの独学は難しくない

html5

PHPはそれほど難しい言語ではありません。 これだけ普及していているのが何よりの証拠です。 さらに、ネットには情報がたくさんあるため、 困った時は検索すればたいてい解決策を見つけることができます。

ではなぜPHPの独学が難しいと思われているのでしょうか?

難しいと思われている理由:総合力が必要だから

PHPを使う場合、PHP単独で何かを作ることはあまりありません。 たいていはWebサービスを作るためのサーバーサイド言語としてPHPを使うことが一般的です。

そして、Webサービスを作るためにはPHP以外にもたくさんの 知識が必要となります。一例を挙げてみると、

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • PHP
  • 環境構築
  • データベース
  • SQL
  • セキュリティ

これらの技術を総合的に使いこなせて初めてWebサービスを作成できます。

上のリストを見ても分かる通り、PHPの技術は一部です。 PHPを独学でマスターすることは別に難しくはありません。 それよりも PHP以外の周辺知識も含めた総合力を身につけることが大変なのです。

これがPHPの独学が難しいと言われる大きな理由です。
ですが、1つ1つの知識を確実に身につけていけば、必ず乗り越えられます。

学習の順番(PHPを独学するならこの順番がおすすめ)

HTML・CSS

html5 html5

まずは「HTML・CSS」から学習します。

PHPを学習する意欲のある方なら、 HTML・CSSという言葉は聞いたことがあると思います。 HTMLとCSSはプログラミング言語ではないのですが、 Webサイトを作るには必須の言語です。

  • HTML: 文書構造を定義するマークアップ言語
  • CSS: ページのデザインを定義するスタイルシート言語

PHPを独学するためのサイトや書籍のほとんどは、 「HTML・CSS」の基本知識があることを前提に進められています。 HTML・CSSを知らないと、そこでストップしていちいち確認を行うことになって、 逆に時間がかかります。

ですから、先にHTML・CSSの基本レベルを習得しましょう。 HTML・CSSを時間をかけてやりこむ必要はありません。基本レベルで十分です。 応用レベルは、後から必要になった時にやりましょう。

PHP

html5

次はいよいよPHPの学習です。独学の方法は主に2つです。

  • Webサイト
  • 書籍

どちらか一方でもいいですし、両方を組み合わせてもOKです。 おすすめの学習サイトや書籍については後で解説します。

データベース・SQL

データベース

PHPを学習する場合に、必ずといっていいほど出てくるのが データベースとの連携です。

データベースにデータを格納したり、 データベースからデータを取得する際に使われる言語が「SQL」です。 SQLはプログラミング言語ではなく 「データベース言語」や「問い合わせ言語」と言われます。

データベース・SQLについても、 HTML・CSSと同様にまずは基本レベルで大丈夫です。 後から必要に応じて掘り下げて学習してください。

PHPの独学で多くの人がつまづく所

壁

PHPを独学する過程で、いくつか壁があります。 その中でも多くの人がぶち当たる壁について説明します。

難しいことを事前に知っておけば、 心が折れてしまう可能性も減ります。
さらに、ありがたいことにネット上にはこれらの壁の解決策がたくさん存在します。 つまづいた時はネットで検索してみてください。

環境構築

PHPを独学する場合、 多くのひとがぶち当たる第一の壁が「環境構築」です。 学習する前にプログラミングの実行環境を準備するのですが、 この段階で残念ながら心が折れる人がいるのも事実です。

PHP、Apache、データベースといった環境を整えます。 できれば別々にインストールを行うよりも、 まとめてインストールできる「XAMPP」や「MAMPP」を使った方が 手早く環境構築できます。

書籍やWebサイトを参考に環境構築を行う場合、説明通りに行ってください。 説明とは違うバージョンのソフトをインストールしたりすると、 エラーの原因となります。

レンタルサーバーを借りても良い

「環境構築がうまくできずに、早くも心が折れそう!」 という方はレンタルサーバーを借りるという手もあります。

PHPが使えるレンタルサーバーなら自分で環境構築する手間が省けます。 練習用としては安い料金のレンタルサーバーで十分です。

エラー対処(デバッグ)

エラー対処(デバッグ) も多くのPHP独学者がつまづく所です
特に初心者のうちは、 プログラムを書いて実行してもエラー(バグ)がたくさんでます。 そのエラーをつぶしていくのがデバッグ作業です。 どこがエラーなのか全くわからずに、時間だけが過ぎていくこともあります。

そうならないためにも、 プログラミングを行う際は途中途中でプログラムを実行してみて、 エラーがないかを確認しながら進めた方が良いです。

ある意味料理と似ています。
料理の上手な人は、途中途中でこまめに味見をして、味を確認しながら進めていますよね。 逆に下手な人は、ろくに味見をせずに作り終わってから「失敗した」といいます。

同じように、 プログラミングの上手な人はこまめに確認(テスト)しながら進めます。 こまめに確認することでエラー箇所を絞り込むことができ、早期解決につながります。 プログラミングをする際は、この点を心がけておくといいでしょう。

デバッグする際の重要なポイント

PHP以外の技術

最初の方法でWeb開発は総合力が必要と書きました。 PHP以外の技術知識で独学者がつまづきやすいポイントがいくつかあります。

  • データベース
  • セキュリティ

これらの分野も一つ一つは非常に奥の深い分野です。 ですから初めから全てをマスターしようとせずに、 必要に応じて知識を深めていくと良いでしょう。

PHPの独学におすすめのプログラミング学習サイト

次のような方にはプログラミング学習サイトがおすすめです。

  • 本での学習は苦手
  • 動画の方が理解できる
  • ちょっとした空き時間にスマホを使って学習したい
  • アウトプットしながら学習したい

現在では、法人が運営している本格的な学習サイトから、 個人が運営しているブログサイトやまで、たくさんの学習サイトがあります。 その中でも人気のあるプログラミング学習サイトを2つ紹介します。

  • Progate
  • ドットインストール

Progate

progate

Progate はプログラミング学習Webサイトとして人気No.1の Webサービスです。

Progateで独学する場合は、全てブラウザで完結します。 ですから時間のかかる環境構築という手間を取りません。

教材はスライド形式で、 自分の理解度に合わせてスライドを進めていきます。
スライドに自分でコードを入力する場面もあります。 単なるインプットだけでなく、 手を動かしながらアウトプットするのもProgateの特徴です。

PHPコースについて

PHPコースは5つのレベルに分かれています。

無料会員は最初の1つのレベルしか見れませんが、 基本的な文法から 簡単な問い合わせフォームを作るところまでを学習できます。 無料コースだけでも受ける価値があります。

月額料金が980円の有料会員になると全てのレベルを見ることができます。

ドットインストール

ドットインストール はプログラミングの動画学習サイトで、1つの動画が約3分で見ることができ、 通勤途中などの空き時間でも手軽に学習でき、 独学する場合に利用価値の高いサイトです。

多数のコンテンツ動画があって、入門レベルの動画の多くは無料で見れます。 それ以外の動画は有料となっています。

無料動画だけでも見る価値は十分ありますから、 まずは無料で見てから月額会員(月額1,080円)になるか検討してみると良いと思います。

PHPのコンテンツについて

PHPの動画コンテンツは数多く存在します。

  • PHP入門(全30回・無料)
  • PHPデータベース入門(全13回・有料)
  • PHPでログイン機能を実装しよう(全26回・有料)
  • 他有料動画多数

多くは有料動画ですが、 無料で見れるPHP入門(全30回・無料)だけでも見る価値があります。

動画を見るだけなら開発環境は必要ありませんが、 自分で手を動かして実行する場合は、開発環境が必要です。
その場合も「補足情報」として環境構築用の動画がありますから、 その動画を参考にしてください。 (Windows、Mac共に動画があります)

PHPの独学におすすめの本

プログラミング初心者向けに、 PHPの独学におすすめの本を紹介します。

PHPに限らずプログラミング本は、 「広く浅く」よりも「深く狭く」読むことをおすすめします。 何冊も読み漁るよりは、自分に合った本を何回も読み込む方が身に付きます。

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~

プログラミング経験のない初心者向けにかかれたPHPの本です。 PHPの入門書としては一番売れています。
難しい説明や細かい説明はなるべく省いて、 初心者かつ独学者でも理解できるような作りになっています。

環境構築から始まって、簡単なアンケートアプリを作りながら、文法や構文、 データベースとの連携を必要に応じて解説していきます。

ページ数も約160ページと少なく、 著者がパソコン教室で教えている内容をベースに書かれた書籍です。 初心者がつまづく所も良く分かっているため、とても読みやすい本になっています。

プログラミング初心者が読むPHP本の一冊目として最適な書籍です。

気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!

先程紹介した書籍と同じ著者「谷藤 賢一」さんが書いた本です。

「いきなりはじめるPHP」を読んで、 さらにこの著者の本を読んでみたいと思った人におすすめです。 ページ数も約330ページと、 2倍のボリュームで読み応えのある書籍となっています。

内容に関しては、はショッピングカートを0から作っていきます。 その過程を通してデータベースの知識や システム開発の基本を身につけることができ、 さらに自分で0から作ることができると自信につながります。

改訂新版 ゼロからわかるPHP超入門

プログラミングの経験がなく知識ゼロの状態から学びたい方におすすめの本です。

「プログラミングとは」「Webのアプリケーションとは」から始まって、 PHPの環境構築、文法解説、データベース(MySQL)との連携、簡単なアプリ作成までの内容となっています。 作るサンプルアプリケーションは「ToDoリスト」です。

ページ数は240ページなので、休日を使えば1日で読んでしまうこともできます。 プログラミング初心者を卒業するための一冊目の本としてはおすすめです。

PHPの独学が難しいならプログラミングスクールという選択肢もある

ここまでPHPの独学方法について説明してきました。 PHPは独学でも学習可能なプログラミング言語ですが、 途中で挫折してしまう人がいるのも事実です。

やってみて「独学は無理」「独学だと時間がかかりすぎる」と思った方は、 プログラミングスクールを利用するという手段も考えられます。

プログラミングスクールなら費用がかかりますが、 独学よりは効率よく学習できますから、その分学習時間が短縮できます。 どちらの方法もメリット・デメリットがあります。

独学以外にもPHPをマスターする方法があることは知っておいてください。

【目的別に厳選】PHPが学べるプログラミングスクール
PHPが学べるプログラミングスクールを紹介します。安い、無料、オンライン型、教室型、フレームワークが学べる、WordPressが学べるなど、目的別のおすすめスクールを紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました