日本でのプログラミング言語別年収と、おすすめ言語2020年

プログラミング初心者です。 プログラミングを学ぼうと思っているのですが、 言語がたくさんあって、 どのプログラミング言語を学習するかを迷っています。

できれば需要があって稼ぎのいいプログラミング言語を マスターしたいと思っています。
言語別のざっくりとした平均年収やおすすめの言語はありますか。

今回はこのような疑問に答えていきます。

プログラミング言語はたくさんあるので、 どれを学習すればいいのか迷うのは当然です。
どうせ学ぶなら稼げるプログラミング言語を学習する方が モチベーションも上がります。

そこでこのページでは、 日本でのプログラミング言語別年収ランキングと、 2020年時点でのおすすめプログラミング言語について紹介します。

プログラミング言語別年収ランキング

株式会社ビズリーチが運営する検索エンジン「スタンバイ」の調査による、 プログラミング言語別年収ランキングがあります。

この調査で表示されているのはプログラミング言語別の年収(年収中央値)、 最大提示年収、求人数です。 そのため言語別の年収を知りたい場合に非常に参考になります。

★ 【求人検索エンジン「スタンバイ」調べ】

順位言語年収中央値
(万円)
最大提示年収
(万円)
求人数(件)
1Go6001,6002,202
2Scala6001,3001,489
3Python575.11,4999,344
4Kotlin5751,200961
5TypeScript5751,200667
6R574.81,000220
7Ruby5501,20011,676
8Swift5501,2003,353
9Perl5251,2004,509
10C5251,0009,347

第1位: Go言語 600万円

go

GoはGoogleが開発したプログラミング言語で、 ここ数年の間で人気が上昇しています。

Goの特徴は「シンプル、高速、軽量」。構文がシンプルで学習しやすく、 コンパイル型言語なので動作が早く、かつ軽量です。

求人数を見てもらうとわかるのですが、約2,00件です。 日本ではまだメジャーな言語ではありませんが、 年収が高くなっている理由は、Goを使える人が少ないからです。 PythonやRubyなどと比較すると求人数はだいぶ少ないのですが、 高年収となっているのはそのためです。

第2位: Scala 600万円

scala

Scalaは関数型言語とオブジェクト指向言語の特徴を統合したプログラミング言語です。

ScalaはJavaと深く関わっていて、Java仮想マシン上で動作することができます。 Javaのライブラリを利用できるため、効率の良い開発が可能です。

求人数はGo言語よりもさらに少なくて約1,500件です。 ですがScalaを扱えるエンジニアが少ないために高年収となっています。

プログラミング初心者がScalaをマスターするのは難しいですが、 Javaが出来る人には学習しやすい言語です。

第3位: Python 575.1万円

python

Pythonは、今最も人気のある言語です。

構文がシンプルで覚えることが少なく、 外部ライブラリが充実しているため、 開発効率の良い言語です。 「Youtube」や「Evernote」などでもPythonが採用されています。

人口知能(AI)分野や機械学習、ディープラーニングの分野では Pythonが一番使われています。 将来的にAI関連のエンジニアになりたいならPythonは必須です。

プログラミング言語別年収ランキングの特徴

Go、Scala、Kotlin、TypeScript、R、Swiftなどの言語は、 プログラミング初心者はあまり聞いたことがない言語かもしれません。

比較的新しい言語がランクインしているのは、 その言語を使いこなせるエンジニアの数が不足しているからです。 需要と供給の関係で年収が高くなっています。

ここからわかることは、

  • 需要がある程度ある
  • 比較的新しい言語
  • その言語を使えるエンジニアがまだ少ない

こういった特徴を兼ね備えると、年収が高くなる傾向があります。

求人件数から見る人気プログラミング言語

プログラミング言語別年収ランキング

上図の求人件数からみた場合、 需要の多い言語はPython、Ruby、C言語となっています。

Pythonは人口知能(AI)分野では必須で、 今後も需要があり続けるのは確実ですから、Pythonを学習して損はありません。

RubyはWebサービス開発用の言語としてPHPと人気を分ける言語です。 プログラミングスクールのWebサービス開発を教える講座では、 Rubyを学ぶケースが多いようです。それだけ需要がある証拠とも言えます。 Web系エンジニアを目指している方はRubyかPHPがおすすめです。

C言語は昔からある言語ですが、 企業の基幹システムや組み込み系などいろんな分野で使われているため、 今後も需要はあります。ただ、初心者が独学で学ぶのは難しいかもしれません。

年収ランキング外だけど、需要があって稼げるプログラミング言語

今回の年収ランキングには載っていなくても、 求人数が多く稼げる言語はあります。

PHP、Java、C#、JavaScriptなどです。

PHPはWeb系のプログラミング言語で、 Webサービスや、WordPressでも使われています。

Javaはいろいろな分野で使用されていますが、 特に企業の大規模開発の案件で使われる傾向があります。

C#はデスクトップアプリケーションだけでなく、 スマホアプリやゲーム分野でも使われています。

JavaScript はクライアントサイドのWeb開発では必須の言語です。 JavaScriptを基にしたさまざまなフレームワーク (React、Vue.js、AngularJS)も使われています。

2020年、高年収が期待できるおすすめのプログラミング言語

Python

python

おすすめのプログラミング言語第一位は「Python」です。

2020年時点で、Python ほど時代の流れにうまく乗っている言語はないと思います。 人工知能(AI)、ビッグデータ、ディープラーニング、機械学習、統計など、 こうした重要な分野で一番使われているのがPythonです。

C#

c-sharp

アプリケーション開発やゲーム開発の分野に進みたい方には 「C#」がおすすめです。

C#はマイクロソフトが開発したプログラミング言語で、 「.NET Framework」というマルチプラットフォーム上で動きます。 さらにUnityという有名なゲームエンジンで使用するプログラミング言語がC#です。 Unityを使うとゲーム開発はもちろんVR・MR開発もできます。

年収の高いエンジニア(プログラマー)に共通しているスキル

今回紹介したプログラミング言語ごとの年収ランキングは、 あくまで平均的な年収であって、 実際は個人差があります。 年収の差を生み出すのがプログラミング以外の能力です

これまでにいろんなエンジニア(プログラマー)を見てきて、 優秀なエンジニアとそうでない人には明確な違いがあります。

  • 行動力
  • コミュニケーションスキル
  • 思考力

コミュニケーションスキル

コミュニケーション

特殊な環境の人を除いて、ほとんどの人がチームの一員として働いていると思います。 複数の人間と一緒に働くにはコミュニケーション能力が不可欠です。

プログラマーというと、 パソコンの画面にずっと向かっているイメージがあるかもしれませんが、 周りの人たちとうまくやっていくのも重要な仕事の一つです。

行動力

「まずはやってみる」ことが大事です。 トライアンドエラーの精神です。 優秀なエンジニアほど行動力があります。 間違ったらやり直せばいいだけなので、 どんどん行動してください。

思考力

思考

先程「行動力」が大事という話をしましたが、 「行動力」と合わせて「思考力」も大事です。

自分の行動の結果をしっかりと「分析・反省・改善」する必要があります。 いくら行動しても「分析・反省・改善」がなければ、 間違った方向に進んでしまう可能性があります。 正しい方向に進むためにも思考力が必要です。

タイトルとURLをコピーしました