プログラミングで稼げるようになるまでのステップと習得期間

プログラミング初心者です。 プログラミングでお金を稼げるようになりたいのですが、 どうすれば稼げるようになるのかがわかりません。

どのプログラミング言語をどれくらいの時間学習すれば 稼げるようになるでしょうか。

今回はこのような疑問に答えていきます。

多くの人はお金を稼ぐための手段としてプログラミングを学習していると思います。 ですが「お金を稼げるようになるまでの道のりがわからない」という方が多くいます。

そこでこのページでは プログラミング初心者がお金を稼げるようになるまでのステップと、 必要な時間について説明します。

プログラミングで稼げるようになるまでの道のり

道のり

プログラミング初心者が稼げるようになるまでの流れは次の通りです。

  • クラウドソーシングで案件を見て、どんな仕事があるかを把握する
  • 学ぶ言語を決める
  • 学習する
  • クラウドソーシングで仕事を請けてみる
  • 自分で営業してみる

それぞれを順番に解説していきます。

クラウドソーシングで案件を見て、どんな仕事があるかを把握する

プログラミングで稼ぐためには、 まずどんな仕事でどれくらい稼げるのかを知ることをおすすめします。

具体的にはクラウドソーシングサイトでプログラミングの仕事案件を見てみます。 有名なクラウドソーシングサイトは次の2つです。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス

クラウドソーシングサイトを定期的に見ているとわかるのですが、 初心者でも稼げそうで継続的にある案件例を挙げると次のようなものがあります。

  • Webサイト作成案件
  • WordPress案件
  • Excel VBA案件
  • スマホアプリ作成案件

この中で最も稼ぎやすくて、数の多い案件は「Webサイト作成」です。
プログラミングで稼ぐために、 まずはWebサイト作成から始めることをおすすめします。

学ぶ言語を決める

学ぶ言語は案件から逆算して決めることができます。

  • Webサイト作成案件なら、HTML、CSS、JavaScript(jQeury)
  • WordPress案件なら、HTML、CSS、JavaScript(jQeury)、PHP
  • Excel VBA案件なら、Excel VBA
  • スマホアプリ作成案件なら、SwiftかKotlinかJava

「HTML、CSS、JavaScript(jQeury)」は他の案件へ応用できる

Webサイト作成のための「HTML、CSS、JavaScript(jQeury)」をマスターすると、 他の案件にもつながっていきます。

「HTML、CSS、JavaScript(jQeury)」に加えてWordPress技術とPHPを習得すると WordPress案件がこなせます。

「HTML、CSS、JavaScript(jQeury)」に加えてPHPやRubyを習得すると Webサービスの作成案件も出来るようになります。

このように、将来的に活躍の幅を広げることができるため、 まずは「HTML、CSS、JavaScript(jQeury)」を習得することをおすすめします。

学習する

学ぶ

ここでは学習方法を基礎編と応用編に分けて紹介します。

基礎編

基礎学習には次のような方法があります。 1つの方法でもいいですし、複数のやり方を組み合わせるのもありです。

  • Progate
  • ドットインストール
  • 書籍
  • プログラミングスクール
一番のおすすめはProgateから入ることです。
■ Progage

Progate はオンラインプログラミング学習サービスで、 HTML、CSS、JavaScript(jQeury)はもちろん、 他にもいろいろな言語が学べるサービスです。 無料コンテンツと有料コンテンツがあり、 無料コンテンツだけでも受ける価値はあります。

■ ドットインストール

ドットインストール は動画を見てプログラミングを学習できるWebサービスです。 1つの動画が約3分という短さなので、気軽に見ることができます。 一部有料ですが、無料動画だけでも見る価値があります。 動画で学習したい方におすすめのサービスです。

■ 書籍
良い書籍がいろいろありますから、 書籍派の方は書籍で学んでください。
■ プログラミングスクール
お金に余裕があって、効率よく学習したい方にはプログラミングスクールがおすすめです。 あとは、一度独学で挫折した方もスクールの講師やメンターに教えてもらえば 出来るようになります。

応用編

基礎がある程度出来るようになったら、応用編(実践編)に入って下さい。

例えば、HTMLコーディングの応用編はWebサイトの模写です。 最初は簡単なサイトの模写でOKです。 そして徐々に難しいサイトの作成に取り組んでください。

クラウドソーシングのWebサイト作成案件を見ると、 「参考サイトURL」が書かれている場合があります。 参考サイトはユーザーが「こんなサイトを作ってほしい」という意味です。 この「参考サイト」を模写します。 これができるようになれば、 ユーザーのニーズに合ったサイトが作れるようになります。

応用編(実践編)はクラウドソーシングの案件を 「実際に請け負いはしないけど、請け負ったと仮定してやってみる」ことです。 スポーツで言う「練習試合」にあたります。

言葉で書くのは簡単なのですが、 実際はそう簡単には進みません。 応用をやることで自分の足りない基礎部分や苦手な部分が見えてきますから、 何度も基本部分を見直して、応用 → 基礎 → 応用 → 基礎 → 応用というように 繰り返しながら成長していきます。

応用編である程度自信がついたら次のステップ 「クラウドソーシングで仕事を請けてみる」に進みます。

クラウドソーシングで仕事を請けてみる

プログラミングで稼ぎたいなら、まずはクラウドソーシングサイトで仕事を請けてみる ことをおすすめします。この方法が最もハードルが低い稼ぎ方です。
クラウドソーシングサイトは次の2つがおすすめです。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス

案件をみて「8割方出来そう」 と思うような案件があったらどんどん応募してみてください。

先程、クラウドソーシングはハードルが低い稼ぎ方といいました。 ハードルが低い分ライバルが多くいます。 ですから、最初から案件を受注できることはまずないでしょう。 「20件応募して1件受注できるかどうか」ぐらいに思っておいてください。 それぐらいに思っておくと、受注できなくても気が楽です。

クラウドソーシングはハードルが低いぶん、ライバルが多くいます。 そのため仕事の単価が安くなりがちです。 クラウドソーシングである程度の経験と自信を掴んだら、 次のステップとして自分で営業をしてみることをおすすめします。

自分で営業してみる

営業先はWeb制作会社です。Web制作会社にメールで営業をかけてみてください。 10件営業をかければ1、2件くらいは返事がもらえるかもしれません。

自分で営業ができればライバルが少なくなるため、 仕事の単価が高くなります。 プログラミングで大きく稼ぎたい方は、 自分で営業することを選択肢の1つに入れてみてください。

プログラミングで稼げるようになるまでの学習期間

期間

プログラミングの学習方法は大きく分けて2つあります。 「独学」で学ぶ場合と「プログラミングスクール」で学ぶ場合です。

「独学」は、お金はほとんど必要ないけど学ぶのに時間がかかる学習方法で、 「プログラミングスクール」は、お金はかかるけど効率の良い学習方法です。

この2つでは習得にかかる時間が異なるため、 別々に説明します。

独学の場合

プログラミングで稼げるようになるまでには、 おおよその目安として200時間から400時間はかかると思っておいてください。 仮に1日あたり2時間学習するとして、「約3カ月から半年」かかる計算になります。

どのレベルに到達したいかによって、習得期間は変わってきます。

  • HTMLコーディング案件で稼げるようになるには、目安として200時間。
  • WordPress案件で稼げるようになるには、目安として400時間。

プログラミングスクールで学習する場合

プログラミングスクールを利用する場合は、 スクールのカリキュラムに沿って勉強すればよく、 疑問点も講師に聞いてすぐに解決できるため、独学よりも断然効率よく学習できます。 独学する場合の半分の学習時間で済むので目安として100時間から200時間くらいです。

  • HTMLコーディング案件で稼げるようになるには、目安として100時間。
  • WordPress案件で稼げるようになるには、目安として200時間。

独学とプログラミングスクール、どちらがおすすめ?

プログラミングスクールを利用できるぐらいの金銭的余裕があるなら、 プログラミングスクールで学ぶことをおすすめします。

というのも一般的に、 プログラミングを独学した場合の挫折率は「9割」といわれています。
プログラミング学習の初期段階は、 わからないことが多すぎて、 全然前に進まなくて挫折していく人がほとんどです。

そんな時に、わからないことを教えてくれるプログラミングスクールのメンターや 講師がいると挫折せずに済んで、効率よく学習できます。
ですから費用を捻出できるなら、 プログラミングスクールを利用することをおすすめします。

独学でやりたい場合、まずは「独学」でやってみて、「「独学は無理」、 「独学だと時間がかかりすぎる」、「知ってる人に教えてもらいたい」 と思った方はプログラミングスクールを利用して効率よく 学習すれば良いと思います。

プログラミングのスキルだけでは稼げない

結構大事なことなので、次のことを早い段階で知っておいた方がいいです。
プログラミングのスキルだけでは稼げません!

エンジニアとしての能力やセンスのある人ほど 「技術力を高めれば稼げる」と思っている人が多いようです。

もちろん技術力が低いよりも高いほうがいいのですが、 プログラミングのスキルはお金を稼ぐことの「全て」ではなく、 あくまで「一部」です。

プログラミングのスキル以外にも必要なもの

総合スキル

お金を稼ぐためには技術力以外にも、「提案力」、「営業力」 といった能力が必要となります。

クラウドソーシングで仕事を取得する場合は、 ユーザーに対して「自分がどういった仕事ができるのか」を提案するため 「提案力」が必要となります。

企業に対して自分から「営業」をかける場合は「営業力」が必要となります。

そして現実的には、「技術力の高い人よりも、 提案力・営業力の高い人の方が稼げる」という傾向があります。

「プログラミングのスキルはある程度身についているけど、 なかなか稼げない」という方は、 技術力以外の「提案力」や「営業力」といった部分にも目を向けてみてください。

結局は行動することで稼げるようになる

行動

最後はありきたりな話ですが、 「とにかく行動してください」。
「成功するかしないか」は、「行動するかしないか」の違いでもあります。

現在は、ネットにいろんな情報があふれかえっています。 多くの方は情報収集ばかりに時間をとられて、 肝心な行動やアウトプットがおろそかになっています。

だからこそ、結局は行動する人が稼げるようになります。

タイトルとURLをコピーしました