プログラミングの副業で稼げるレベルへの到達方法

プログラミング初心者です。 プログラミングの副業で稼げるようになりたいのですが、 どれくらいのレベルだと副業で稼げるのでしょうか?

あと、副業で稼げるレベルに到達するためには、 どのようなプロセスで学習すればいいのでしょうか?

今回はこのような疑問に答えていきます。

「プログラミングの副業で稼ぎたい」という人は多いのですが、 実際どれくらいのレベルだと稼げるのかがイメージしにくいようです。 副業として稼ぐためには、ただプログラミングを学習すればいいのではなく、 効率の良いレベルアップ方法や副業の探し方があります。

ここではプログラミング初心者向けにプログラミングの副業で稼げるレベルとは? 稼げるレベルへの到達方法(ステップ)などを紹介します。

プログラミングの副業で稼げるレベルとは?

稼ぐ

副業のレベルはクラウドソーシング案件を見ればわかる

「クラウドソーシング」という言葉は聞いたことがあると思います。 クラウドソーシングとはネットを介して不特定多数の人に仕事を依頼する仕組みです。 有名な所としては次の2つがあります。

クラウドソーシングでは本格的な仕事から副業レベルの仕事まで、 さまざまな種類の業務が依頼されています。 プログラミング案件に関しても、百万レベルの開発の仕事から、 数千円、数万円単位の副業レベルの案件まで多数あります。

例を挙げると次のようなものです。

  • HTMLコーディング
  • デザインを含めたWebサイト構築
  • Webスクレイピング
  • WordPressプログラミング開発
  • データベース開発
  • Excel VBAでのシステム開発
  • iPhoneアプリ開発
  • Androidアプリ開発

クラウドソーシングサイトの事例を見ることで、 プログラミングの副業で稼ぐために必要な技術レベルがわかります。 必要な技術レベルから逆算してスキルアップするのが効率的な学習方法です

次は具体的に案件例を見てみます。

HTMLコーディングの案件例

下は「ランサーズ」でのHTMLコーディング案件例です。

ランサーズの仕事例

HTMLコーディングの案件で金額は2万円から5万円と、 まさに副業にピッタリな案件です。

この案件では「ai又はpdfを基にHTMLコーディングをする」とあります。 ですからHTMLとCSSの技術が必要で、なおかつ提供されるデザインを正確に再現する 必要があります。

WordPressの案件例

ランサーズでのWordPressプラグイン修正の案件例です。

WordPress

こちらも金額は2万円から5万円で、副業に適した案件です。

この仕事はWordPressプラグインの修正、改良の依頼です。 ですからHTMLとCSSに加えて、 WordPressとプログラミング言語「PHP」の技術が必要となります。

WordPressのプラグイン開発やプラグイン修正の案件は、 よく見かける事例なので狙い目です。

クラウドソーシング以外のプログラミング副業で稼ぐ方法

プログラミング副業の方法はクラウドソーシングだけではありません。 他にもいくつかあります。

  • 自分でアプリやWebサービスを作成して公開する
  • プログラミング講師としてプログラミングを教える
  • 知り合いからプログラミング案件を紹介してもらう
  • エージェントからプログラミング案件を紹介してもらう

自分でアプリやWebサービスを作成して公開する

プログラミングスキルを使って自分自身でアプリやWebサービスを開発します。 この方法が最も稼げる可能性のある方法ですが、 最も難易度が高くなります。

プログラミングスキルだけでなく、 企画からマーケティング、開発、運用など、 いろいろなスキルが要求されます。 初心者にはハードルが高いと思いますが、いずれはここを目指すのもありです。

プログラミング講師としてプログラミングを教える

あなたが学習して学んだことを、 あなたより知識や経験が浅い人に教えて稼ぐこともできます。

プログラミングブームもあって、 「プログラミングを教えてもらいたい」と思っている人はたくさんいますから、 もし他人に教えるのが好きな人(得意な人)には、いい副業になります。

知り合いからプログラミングの仕事を紹介してもらう

周りにいる知人・友人から仕事を紹介してもらうのも立派な副業のやり方です。 「Webサイトを作りたいけど作り方がわからない、業者に頼むのも面倒」 という方がいたらチャンスだと思ってください。

実績作りのために、最初は「無料で請け負う」という手もあります。 そこで作った実績をもとにクラウドソーシングに進出して行くのです。

エージェントからプログラミングの仕事を紹介してもらう

ありがたいことに、副業の仕事を紹介してくれるエージェントが存在します。 週に2、3日働いて月に10万円以上稼げるような仕事を紹介してくれて、 面倒な契約関係のこともエージェントが代わりにやってくれるため、 仕事に専念できるのが助かります。

エージェントを通した仕事はある程度のスキルが要求されるため、 プログラミング初心者は断られる可能性が高いです。 ですがスキルが上達したらエージェント経由の副業に チャレンジしてみるのもいいと思います。

副業で稼ぐためのおすすめのプログラミング言語は?

おすすめは「HTML、CSS、jQuery」

結論から言うと、おすすめのプログラミング言語は 「HTML、CSS、jQuery」です。

この結論は、「副業で稼ぐ」という目標から逆算した結果です。 初心者が副業で稼ぐのにおすすめの仕事は「LP(ランディングページ)作成」で、 「LP作成」に最低限必要な知識は「HTML、CSS、jQuery」だからです。

HTML、CSSは正確にはプログラミング言語ではありませんが、 Web系の仕事をするにあたっては必須の知識です。

Webサービスを開発したい場合は「PHP」か「Ruby」

自分でWebサービスを開発したい場合は「PHP」か「Ruby」がおすすめです。 どちらも他のプログラミング言語と比べた場合、 比較的習得が容易なプログラミング言語で、 Webサービスを作る際によく使われています。

特に「PHP」はWordPressで使われている言語です。 クラウドソーシングの仕事依頼を見ていると、 WordPressがらみの開発事例が結構あります。 ですから、「PHP」をマスターしているとWordPressの案件で副業を行うこともできます。

プログラミング副業で行き詰った時の解決方法

壁

副業としてお金をもらって仕事を引き受ける以上は責任が伴います。 作成途中で行き詰ったからといって安易にあきらめることはできません。

プログラミングの開発途中で行き詰ることは誰にでもありえます。 ですが行き詰った時の対応の仕方さえ知っていれば何とかなります。 この「何とかなる」という自信が結構大事なので、解決方法をいくつか紹介します。

少し時間をおいてググる

プログラミングに行き詰っている最中はどうしても視野が狭くなっています。 少し時間をおくことで違う視点が見えて、 解決に結びつくキーワードを思いつくことがあります。

「少し時間をおいて調べ直す」のは最もオーソドックスなやり方です。

友人・知人のエンジニアに相談してみる

これは身近にエンジニアの知り合いがいる人限定の話になってしまいますが、 効果のある方法です。

困った時に助けてくれるエンジニア仲間がいる人は副業プログラミングにおいても有利です。 ただし、親しき仲にも礼儀ありです。助けてもらった時はちゃんととお礼やお返しをしましょう。

「ココナラ」を利用する

ココナラ というオンライン上のスキルマーケットサービスがあります。 スキルのフリーマーケットという感じです。

ここで自分が知りたい分野のスキルを持っている人に、 お金を支払って教えてもらうことができます。 臨時コーチを雇うような感じです。 金額も千円、2千円くらいで解決できることもありますから、 自分で解決できない場合に使える解決案の1つです。

クラウドソーシングを使って解決する

これまで紹介した方法で解決できない場合の最終手段的なやり方です。 クラウドソーシング(ランサーズやクラウドワークス等) で他人(他社)に依頼して解決してもらいます。

クラウドソーシングで仕事を依頼する場合は、 それなりに出費が必要となりますから、 もしかしたら赤字になるかもしれません。 ですが自分の責任で仕事を請け負った以上は、 これも必要経費だと割り切る必要があります。

目先の利益よりも自分の信用を失う方が大きな痛手となりますから、 最後の手段としてクラウドソーシングを使って解決する方法もあることを 知っておいてください。

初心者が副業で稼げるレベルになるまでの期間

時間

プログラミング初心者が副業で稼げるようになるまでの期間は、 1日あたりどれくらいの時間をスキルアップに費やせるかによって違ってきます。

多くの時間を取れる学生さんなら、 3カ月から半年程で簡単な副業レベルなら到達できると思います。

平日時間があまりとれない社会人の方なら、 休日に時間を多く取っても、半年以上はかかるでしょう。

注意点:スキルを広げ過ぎない

あれもこれも学習しようとすると、 時間がいくらあっても足りません。
まず、クラウドソーシングでどういった副業があるのかを見てから、 自分がやるべきことを決めます。

例えば、LP作成なら「HTML、CSS、jQuery」をマスターする必要があります。 iPhone用のアプリ作成なら「Swift」、Androidアプリなら「Kotlin か Java」 というように、何を作るかによって学ぶべき事は違ってきます。

技術的好奇心が旺盛な人ほど、 いろんなことに手を出してしまいがちなので注意が必要です。

副業で稼げるレベルへの到達方法(ステップ)

時間

ここからは副業で稼げるレベルへ到達するための学習方法を紹介します。 プログラミング言語はたくさんありすぎるので、 初心者が一番取り組みやすい「HTML/CSS」の 学習方法に絞って紹介します。

基礎編: 初心者レベル

HTML/CSSの基本をマスターするための方法をいくつか紹介します。
  • Progate
  • ドットインストール
  • 書籍
  • プログラミングスクール

自分に合ったやり方であればどれでもいいのですが、 今一番人気のある方法は「Progate」です。

Progate

Progate はブラウザでプログラミングを学べるWebサービスで、 HTML、CSSはもちろんいろいろなプログラミング言語を学ぶことができます。

レベル別にコースがあり中級レベルのコースは有料になりますが、 月額1,000円程度で全てのコースを受講できます。 初心者に大人気のWebサービスなので、 無料のコースだけでも受けてみることをおすすめします。

ドットインストール

ドットインストール は動画を見てプログラミングを学習できるWebサービスです。 1つの動画が約3分という短さで、通勤などの空き時間に見ることもできます。
一部有料ですが、無料コンテンツだけでも見る価値があります。

書籍

書籍の方が学習しやすい人は書籍で学んでください。
今は良い書籍がいろいろありますから、自分が読みやすい本を選んでください。 基本書とは別にリファレンス本も手元に一冊置いておくと便利です。

プログラミングスクール

最も効率の良い方法が「プログラミングスクール」で学習することです。 効率は一番良いですが、 それなりに費用もかかるためお金に余裕のある方限定となります。

スクールによっては現役プログラマーに教えてもらうこともできますから、 「独学では難しい」という方にはおすすめの方法です。

応用編: 脱初心者レベル

基礎編で基本的な事項をマスターしたら、応用編に移ります。 応用編でやることはWebサイトの模写(トレース)です。

サイトの作り(色やレイアウト等)をそのまま再現します。 画像は適当に選ぶか、そのサイトの画像を借りてもいいでしょう。 (注意:あくまで練習のためであって、模写したサイトを公開してはいけませんよ。)

最初はデザインやレイアウト的にも簡単なサイトを選ぶといいでしょう。 慣れてきたら徐々に難しいサイトを模写してみてください。

Webサイト作成案件の参考サイトを作ってみる

どんなサイトを模写したらいいかわからない人は、 、クラウドソーシングのWebサイト作成案件を見てください。 仕事内容の中に、「参考サイト」のURLが書かれている場合があります。 案件依頼者が「こんな感じのサイトを作って欲しい」という意味の参考サイトです。

そのサイトを模写してみてください。 それができれば依頼者のニーズに沿ったサイトが作成できることになります。 参考サイトが再現できれば、ユーザーのニーズに答えるための自信につながります。

実践編:プログラミング副業開始(稼げるレベル)

応用編で自信をつかんだら、実践編に移ってください。 まずはクラウドソーシングで案件に応募します。

実績0の人がいきなり受注できることは無いと思っていてください。 何件も応募します。 10件、20件と応募していればそのうち受注できます。 そして1つ実績を作れば、次からは受注しやすくなります。

HTMLコーディングに特化して経験を積んでいってもいいですし、 ある程度したら周辺分野(PHP等)にも挑戦していくと自分の副業の幅が広がります。

まとめ

プログラミングの副業で稼げるレベルを知りたい場合は、 クラウドソーシングの案件を調べるとわかります。 必要な技術レベルがわかれば、そこから逆算してスキルアップしていきます。

副業の手段はクラウドソーシング以外にも複数ありますから、 自分に合ったやり方を選択してください。

初心者におすすめのプログラミング副業はHTMLコーディングです。 HTML、CSS、jQueryを学習してWebサイトを構築できるようになるのが 最も取り組みやすい方法です。

タイトルとURLをコピーしました