JALの往復セイバーとスペシャルセイバーの違い

2023年4月以降、JALは国内線の運賃をリニューアルし、 それまでの大人普通運賃や「特便」、「先得」などの9種類の運賃を廃止し、 「フレックス」「セイバー」「スペシャルセイバー」の3種類へ統合しました。 さらに、以前の往復割引のバージョンアップ版とも言える「往復セイバー」も導入されました。

この記事では、セイバー、スペシャルセイバー、往復セイバーの概要や、 往復セイバーとスペシャルセイバーの違いについて解説します。

旧ラインナップと新ラインナップの対応

割引運賃については、 「フレックス」が以前の「大人普通運賃」に、 「セイバー」が以前の「特便割引」に、 「スペシャルセイバー」が以前の「先得」に相当します。

旧ラインナップと新ラインナップの対応は以下の表の通りです。

旧ラインナップ新ラインナップ
大人普通運賃フレックス
特便割引セイバー
先得割引、スーパー先得、ウルトラ先得スペシャルセイバー

予約期限、ディスカウントの有無

各運賃の予約期限、予約変更の不可、ディスカウントの有無は次の通りです。

運賃種別 予約期限 予約変更 ディスカウント
フレックス 当日 あり
セイバー 1日前 不可 あり
スペシャルセイバー 28日前 不可 あり
往復セイバー 1日前 不可 あり

セイバー

セイバーは、JALの国内線運賃の3種類のうち、2番目に安い運賃です。 予約期限は搭乗1日前までで、予約変更はできません。

セイバーは、以前の「特便割引」に相当する運賃です。 割引率は混雑状況に応じて変動します。

スペシャルセイバー

スペシャルセイバーは、JALの国内線運賃の3種類のうち、最も安い運賃です。 予約期限は搭乗28日前までで、予約変更はできません。

スペシャルセイバーは、以前の「先得割引・スーパー先得・ウルトラ先得」に相当する運賃です。 割引率は混雑状況に応じて変動します。

往復セイバー

往復セイバーは、往復利用時に「フレックス」「セイバー」「スペシャルセイバー」 の運賃を組み合わせ、各運賃から5%を割り引く制度です。 例えば、往路はセイバー、復路はスペシャルセイバーを組み合わせて、 各運賃から5%の割引となります。予約期限は搭乗1日前までで、予約変更はできません。

メリットとしては、「セイバー」「スペシャルセイバー」などの割引運賃から更に割引が適用されます。 デメリットとしては、どの運賃の組み合わせでも予約変更ができなくなります。

往復セイバーの適用条件

往復同一路線の航空券を同時に予約・購入した場合に往復セイバーの適用となります。 同一区間の往路、復路を別々の予約記録で予約した場合、 往復セイバーは適用されないので注意が必要です。

往復セイバーを適用する場合は、 空席照会画面にて往復とも往復セイバーを選択します。

往復セイバーとスペシャルセイバーの違い

往復セイバーは往復同一路線を利用する場合に適用できる制度で、 スペシャルセイバーは片道から適用できる運賃です。

例えば、往路、復路ともにスペシャルセイバーの組み合わせで 往復セイバーを適用することにより、 スペシャルセイバーの価格よりもさらに安く購入することができます。

予約期限は往復セイバーが搭乗1日前まで、 スペシャルセイバーは搭乗28日前まで、 予約変更はどちらもできません。

まとめ

2023年4月以降、JALは国内線の運賃をリニューアル。 それまで9種類の運賃を廃止し、 「フレックス」「セイバー」「スペシャルセイバー」の3種類へ統合しました。 さらに、以前の往復割引のバージョンアップ版とも言える「往復セイバー」も導入されました。

予約期限や予約変更の有無、割引率などは運賃によって異なります。 ご自身のプランに応じた運賃・制度を選択してください。