ノートパソコンでマウスカーソルが勝手に動く、その原因と対処法

ノートパソコンを使って入力作業している時、 マウスに触っていないのに、 マウスカーソルが勝手に動くことがあります。

急にマウスカーソルが動くので「バグ?ウィルス?」 と驚くかもしれませんが、 この場合ほとんどはノートパソコンに付いている タッチパッドが原因です。

タッチパッドは ポインティングデバイスの1つで、 ノートパソコンのキーボードの下についている 下図の部分です。

タッチパッド

マウスカーソルが勝手に動くのは、 キーボードで作業している最中に、 タッチパッドに手の一部が触れてしまうのが原因です。

手の一部がタッチパッドに触れると、 パソコン側は「マウスを操作した」と判断しますから、 マウスカーソルが動きます。

対処方法

もし普段からマウスを使っていて、 タッチパッドを使わないのであれば、 タッチパッドの機能を無効(OFF)にすることをおすすめします。

ノートパソコンによっては、 タッチパッド上にON・OFFの切り替え機能が付いている機種もあります。

ない場合は次の方法で設定してください。

★ 「スタートボタン」 → 「設定」で設定画面を開きます。

★ デバイスをクリック。

デバイス

★ マウスをクリック。

マウス

★ 「その他のマウスオプション」をクリック。

その他のマウスオプション

★ マウスのプロパティ画面が表示されるので、 「USBマウス接続時に内蔵ポインテイングデバイスを無効にする」 にチェックを入れてOKボタンを押します。
「内蔵ポインティングデバイス」 とはタッチパッドのことです。

内蔵ポインテイングデバイスを無効にする

これでタッチパッドに手が触れてもマウスカーソルが勝手に動かなくなります。