変換キー・無変換キーに日本語入力(IME)オン・オフを割り当てる

変換キーと無変換キーはスペースキーの両隣にあって、 あまり使われることのないキーです。

変換キー・無変換キー

「せっかく押しやすい位置にあるキーなので有効活用したい!」 という方向けに、変換キー・無変換キーを日本語入力(IME)の オン・オフに割り当てる方法を紹介します。

変換キーを「IME-オン」に割り当て、 無変換キーを「IME-オフ」に割り当てます。(反対でも可能)

こうすることで 「文字モード」のアイコン「A」や「あ」を目視で確認することなく 日本語入力(IME)オン・オフの切り替えが素早くできるようになります。

変換キーと無変換キーの設定変更

画面右下に表示されている「入力モード」のアイコンを右クリックし、 「設定」を選択。

キーとタッチのカスタマイズをクリック。

キーとタッチのカスタマイズ

次の3つの操作を行います。

  • 「各キーに好みの機能を割り当てる」をオンにする
  • 無変換キーのリストから「IME-オフ」を選択
  • 変換キーのリストから「IME-オン」を選択
キーの割り当て

これで、スペースキーの左側にある無変換キーを押したときに 「IME-オフ(英字入力)」となり、 右側にある変換キーを押したときに「IME-オン(日本語入力)」となります。

上記の割り当て以外にも、自分好みにカスタマイズができます。
変換キーと無変換キーを普段使っていない方にはおすすめです。