「カタカナ」を入力する方法

入力モードを確認する

パソコンのキーボードを使って「カタカナ」を入力するには、 文字入力モードが「日本語入力モード」になっている必要があります。

下図のように入力モードのアイコンが「あ」になっていれば 「日本語入力モード」です。

日本語入力モード

もしアイコンが「あ」ではなく「A」で「英語入力モード」になっている場合は、 「半角/全角」キーを押して「日本語入力モード」に変更します。

半角・全角キー

カタカナを入力する

入力したい「カタカナ」の該当キーを押して入力します。

例えば「インターネット」と入力する場合、 ローマ字入力では「INNTA-NETTO」とキーを押します。
(参考記事:「ローマ字入力」と「かな入力」の違いと切り替え方法)

この時点では下図のように、文字の下に「波線」があります。

ひらがな

下に波線がある状態で「スペース」キーを押します。

スペースキー2

カタカナに変換され、文字の下に棒線があります。
下に棒線がある状態ではまだ入力文字が確定していません。

カタカナに変換

確定するためには「Enter」キーを押します。

Enterキー

これで文字下の線が消え、入力文字が確定されました。

確定

このように、カタカナを入力する場合は 「文字入力」 → 「カタカナに変換」 → 「確定」というプロセスになります。

「F7」キーによるカタカナ変換

先程「ひらがな」から「カタカナ」に変換するときに、 「スペース」キーを押しましたが、 「F7」キーを押しても「カタカナ」に変換できます。 どちらか自分のやりやすい方で変換してください。

F7キー