小さい「つ(っ)」を入力する方法

パソコンのキーボード(ローマ字入力)で、 小さい「つ(っ)」を入力する方法を パソコン初心者にもわかりやすく説明します。

単独で小さい「っ」を入力する

単独で小さい「っ」を入力する場合は、 大きい「つ(TU)」の前に「Little(小さい)」の頭文字の「L」を加えて 「LTU」と入力します。

小さい「っ」に限らず、他の「ぃ」などの小さい文字を単独で入力する場合は 頭に「Litte(小さい)」の頭文字の「L」を付けると覚えておいてください。

  • 小さい「っ」「LTU」
  • 小さい「ぃ」「LI」
  • 小さい「ゃ」「LYA」
  • 小さい「ゅ」「LYU」
  • 小さい「ょ」「LYO」

単語を入力する流れで小さい「っ」を入力する

「きって」などの単語を入力する流れで小さい「っ」を入力する場合は、 小さい「っ」の後にある文字の「子音」を重ねます。 具体的にいくつか見てみるとすぐに理解できます。

(補足)
「子音」とは、「母音(a, i, u, e, o)」以外の音です。

きって

「KITTE」と入力します。

「きって」の場合、小さい「っ」の後の文字は「て(TE)」です。 子音は「T」なので「T」を重ねて「KITTE」と入力します。

さっぱり

「SAPPARI」と入力します。

「さっぱり」の場合、小さい「っ」の後の文字は「ぱ(PA)」です。 子音は「P」なので「P」を重ねて「SAPPARI」と入力します。

とっさ

「TOSSA」と入力します。

「とっさ」の場合、小さい「っ」の後の文字は「さ(SA)」です。 子音は「S」なので「S」を重ねて「TOSSA」と入力します。

このように、単語の流れの中で入力する場合は 小さい「っ」の後に出てくる文字の子音を重ねます。