ポインタとカーソルの違いとは?

ポインタとカーソルは、 どちらもパソコンを操作する際に、 画面上の位置を示す印(マーク)のことです。

両者は同じような意味で使われていますが違いもあります。 まずはポインタとカーソルそれぞれの意味を説明した上で、 違いを解説します。

ポインタ

ポインタとは、マウスやトラックボールなどの、 ポインティングデバイス を操作する場合に表示される マークのことです。ポインティングデバイス」 がキーワードになります。

マウスを操作するときに表示される矢印マークなどのことを 「マウスポインタ」といいます。

カーソル

カーソルとは、 パソコンの画面上で、 文字入力位置や操作位置を示す印(マーク)のことです。

文字入力位置を示すカーソルを「文字カーソル」といい、 操作位置を示すカーソルを「マウスカーソル」といいます。

ポインタとカーソルの違い

上記の説明から、 ポインタは「操作位置」を示し、 カーソルは 「文字入力位置」と「操作位置」を示すことがわかります。

つまり「操作位置」を示す場合は「マウスポインタ」や 「マウスカーソル」という言葉を使い、 「文字入力位置」を示す場合は「文字カーソル」という言葉のみを使います。 「文字ポインタ」という言葉はありません。

表にすると次のようになります。

ポインタカーソル
操作位置(マウス)マウスポインタマウスカーソル
文字入力位置 ×文字カーソル

ポインタとカーソルを使い分けたい場合

もしポインタとカーソルを使い分けたい場合は、 下表のように「マウスポインタ」と「文字カーソル」という言葉を使えばいいと思います。

ポインタカーソル
操作位置(マウス)マウスポインタ -
文字入力位置 ×文字カーソル