クリックとは何?わかりやすく解説

クリックとは

クリック(click)とは、マウスなどのボタンを1回押すことです。 移動させずにボタンを「押して」「離す」一連の動作がクリックです。 ボタンやメニュー、アイコンなどを選択する場合に使います。

ボタンを押して・離す

英単語「click」には「カチッという音」や 「カチッと鳴らす」という意味があります。 マウスにもよりますが、通常はクリックすると 「カチッ」という音が大なり小なり聞こえます。

一般的なマウスには下図のように、2つのボタンがあります。 「クリック」は通常「左側のボタン」をクリックすることを言い、 「右側のボタン」をクリックする場合は「右クリック」と言います。

マウス

ノートパソコンで、 マウスを使用せずにタッチパッドを使用する場合は、 左下のボタンをクリックします。

タッチパッド

パソコン初心者の方でノートパソコンを使う場合は、 タッチパッドよりもマウスの方が操作しやすいと思います。 マウスを持っている方は、慣れるまではマウスを使うことをお勧めします。

クリック操作のポイント

同じ場所で「押して」「離す」

クリックは、ボタンを「押して」「離す」動作を同じ場所で行います。

「押して」「離す」動作の途中でマウスを動かした場合は、 クリックが成立しません。

力を入れる必要はない

クリック時にボタンを強く押す必要はありません。 軽く押して離すだけで認識してくれます。

また、マウスを強く握ると手が疲れますから、 軽く手を添えるような感じで持ち、 クリックする時はボタンを指の腹で軽く押します。

2回押さない

クリックは1回の「押して」「離す」一連の動作です。

2回連続でボタンを押した場合は「ダブルクリック」といい、 クリックとは別の動作になります。