プロバイダ(ISP)とは何?わかりやすく解説

プロバイダ(ISP)とは

プロバイダとは、 インターネットへ 接続するためのサービスを提供する事業者のことです。 法律上では第一種、第二種の電気通信事業者を指します。

正式名称はインターネット・サービス・プロバイダー (Internet Service Provider)ですが、 通常は「プロバイダ」と呼ばれています。

プロバイダーのネットワークは常時インターネットに接続されていて、 そのネットワークに参加させてもらうことでインターネットへ接続できるようになります。
そしてインターネットに接続できれば、 WWW(Web)・ 電子メール・SNS・ネットショッピングなどの さまざまなサービスを楽しむことができます。

インターネット

プロバイダの役割・サービス

プロバイダーの役割や提供するサービスをいくつか紹介しますが、 その中でも重要なのが最初の2つ「IPアドレスの発行」と「接続用機器の提供」です。

IPアドレスの発行

プロバイダの重要な役割の1つにIPアドレスの発行があります。

IPアドレスとはインターネット上での住所のようなもので、 IPアドレスをもとに他のコンピュータ機器とデータのやりとりを行います。 IPアドレスがなければそもそもインターネットに接続することはできません。

接続用機器の提供

モデム

もう一つの重要な役割が、インターネット接続用機器の提供です。

インターネットに接続するためにはIPアドレスの他にも、 パソコンをインターネットに接続するための機器が必要となります。

インターネットモデムやWi-Fiルーターと呼ばれている機器です。 プロバイダーと契約することでこれらの機器を提供してもらえます。

メールアドレスの発行

プロバイダと契約すると、通常はメールアドレスが発行されます。 @(アットマーク)以降にプロバイダのドメインが記述されているメールアドレスなので、 無料のメールアドレスよりは信用性があります。

ただし、今はGmailのような有名で便利なメールサービスがありますから、 プロバイダから発行されるメールアドレスにはそれほど重要性はありません。

その他

その他には、 無料でホームページ用のスペース を貸してくれたり、 ウィルスチェック、ニュース配信、アプリケーションの提供など、 プロバイダによってさまざまなサービスがあります。