ブラウザとは?わかりやすく解説

ブラウザとは

ブラウザ(Browser)とは、 インターネットで 公開されている Webサイトを 閲覧したり、 Webサービスを利用するためのソフトウェア(アプリケーション)のことです。 「WWWブラウザ」や「Webブラウザ」とも言われます。 英単語「browse」は「閲覧する」「拾い読みをする」といった意味です。

有名なブラウザとして「Google Chrome」「Microsoft Edge」「Safari」 「Firefox」「Opera」などがあります。

インターネット全盛の現代では、 ブラウザは欠かせないソフトです。 ですからWindowsなどの各OSに標準で付属しており、 Windows10の場合は「Microsoft Edge」、 Androidの場合は「Google Chrome」が初めからインストールされています。
OSに付属していないブラウザを利用したい場合は、 自分でインストールする必要があります。

ブラウザでできること

ブラウザを利用して次のようなことができます。

  • WWW(Web)上のWebサイト閲覧
  • Webメールでのメールのやり取り
  • 動画を見る
  • 音声を聞く
  • ショッピングサイトでの買い物
  • ネットバンキングでのお金の操作
  • SNSによる交流

このように、たくさんのことがブラウザを使ってできます。 インターネットの各種サービスを利用するためには、 ブラウザは必要不可欠なソフトウェアです。