ホームページとは?意味の移り変わりを説明

ホームページとは

ホームページ(Home Page)とは、インターネットのWWW上にある、 複数のWebページの集まりのことです。 元々は違う意味で使われていたのですが、 現在ではWebサイトとほぼ同じ意味で使われています。 「Home Page」を省略してHPと表記されることもあります。

ホームページの元々の意味

本来ホームページとは、ブラウザを起動した時に、 一番最初に表示されるスタート画面(ホーム画面)の意味でした。

多くのブラウザには家の形をしたホームボタンがあり、 ブラウザを起動したときや、 ホームボタンを押したときに表示されるページを ホームページと呼んでいました。

下図はFirefoxのホームボタンです。 「Microsoft Edge」や「Google Chrome」では 設定画面から「ホームボタン」を表示するかどうか選択できます。

ホームボタン

ホームページの意味の移り変わり

Webサイトが増えるにつれ、 Webサイトのトップページをホームページと呼ぶケースが増えてきました。 サイト上の「ホームに戻る」ボタンを押すと、 各Webサイトのトップページに戻るサイトが今でもたくさんあります。

その後はトップページだけでなく 「〇〇のホームページ」というように、 Webサイト全体を指す言葉としてホームページが使われ出します。
そして現在では「Webサイト」とほぼ同じ意味でホームページが使われています。

まとめると、次のような流れで意味が変わっています。

★ ブラウザのスタート画面

★ Webサイトのトップページ

★ Webサイトとほぼ同じ意味

上記のどの意味で使っても間違いではありません。 周りに合わせて使っておけば大丈夫です。