ハイパーテキストとハイパーリンクの違い

ハイパーテキスト(HyperText)とは、 複数の文書を相互に結び付ける仕組み(システム)のことです。

ハイパーテキストが最もよく利用されているのが インターネット上の WWW(Web)です。 WWWでは、ハイパーテキストの仕組みを利用して、 世界中の情報が結びつけられています。

そして他の文書と結び付けるためには、 他の文書への参照情報が必要となります。 この参照情報のことを「ハイパーリンク(リンク)」と言います。 一般的には「ハイパーリンク」よりも 「リンク」という言葉の方が使われています。

ハイパーテキストは「仕組み」なので抽象的ですが、 ハイパーリンクは「具体的な参照情報」を意味します。