WWW(Web)とは何?わかりやすく説明

WWWとは

WWWとは、 インターネット上で世界中の情報を閲覧できる仕組み(システム)のことです。 「World Wide Web」の略で、一般的には最後の「Web」だけをとって 「ウェブ」と呼びます。

WWW(Web)ではテキスト情報だけでなく、音声、動画、画像などのさまざまな情報を、 インターネットにつながっていれば、 いつでも、どこでも、誰でも利用することができます。

WWWは世界規模のハイパーテキストシステム

先程、世界中の情報を閲覧できるシステムがWWWと言いましたが、 世界中の情報を閲覧できるのは 「ハイパーテキスト」と呼ばれる仕組みのおかげです。

ハイパーテキストとは、 複数の文書を相互に結び付ける仕組みのことです。 Webページ中のリンク部分をクリックすると別のページにジャンプできますが、 この仕組みをハイパーテキストと言います。

ハイパーテキストという仕組みよって世界中の文書が相互に結び付けられて 閲覧することができます。 ですから、「WWW」は「世界規模のハイパーテキストシステム」と言うこともできます。

WWWの由来

英単語の「Web」は「クモの巣」という意味です。

ハイパーテキストという仕組みのおかげで、 WWWでは世界中の情報が結びつけられています。

多くの情報が相互に結び付いている様子が「クモの巣(Web)」のように見え、 それが世界的(World Wide)に広がっていることから 「World Wide Web」と呼ばれるようになりました。

WWW

インターネットとWWWの関係性

インターネットで利用できる主なサービスとして次のようなものがあります。

  • WWW
  • 電子メール
  • SNS
  • 動画
  • 音声

これらのサービス(機能)の中でも、 インターネットが世の中に普及したきっかけであり、 最もよく利用されているのが「WWW」です。

ですから「WWW = インターネット」ではなく、 WWWは数あるインターネットのサービス(機能)の1つです。

WWWサーバーとWWWクライアント

WWWはクライアント・サーバーという仕組みで情報をやり取りしています。

WWW上で情報を公開しているコンピュータを、 WWWサーバー(以下Webサーバー)といいます。 英単語の「server」には「奉仕人、給仕人」といった意味があります。

一方、Webサーバーから情報を受け取る側を WWWクライアント(Webクライアント)といいます。 英単語の「client」には「顧客、依頼人」といった意味があります。 通常はGoogle ChromeやMicrosoft Edge、Safariなどのブラウザを 通して情報を閲覧しますから、 ブラウザがWebクライアントに相当します。

WebサーバーとWebクライアント(ブラウザ)のやり取りの流れは次の通りです。

まず、Webクライアント(ブラウザ)側から「このページが見たい」という要求が Webサーバーに送られます。
次に、Webサーバーは受け取った要求に基づいて、 必要なデータをWebクライアント側に送信します。
そして、Webクライアント側は受け取ったデータを、 人間が見やすいように表示します。

WWWを支える技術

ここではWWWを支える技術について、いくつか紹介します。

HTML

HTMLとは「Hyper Text Markup Language」の略で、 ハイパーテキストの仕組みを持ったマークアップ言語という意味です。 簡単に言うと「WWW上のドキュメントを作成するための言語」です。

HTMLがもつハイパーテキストの仕組みを利用することで、 リンク部分をクリックすると別のページを閲覧できます。

HTTP

HTTPとは「Hypertext Transfer Protocol」の略で、 ハイパーテキストの転送プロトコルという意味です。

転送というのはWebサーバーとWebクライアント (ブラウザ)の間でのデータのやりとりの事です。 プロトコルは通信する際のルールや約束事という意味です。

つまり、HTTPとは「 WebサーバーとWebクライアントとの間で、 ハイパーテキストを転送する際のルール」という意味になります。